グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > メールマガジン「あおもり歴史トリビア」 > 「あおもり歴史トリビア」第70号(2013年8月16日配信)

ここから本文です。

更新日:2015年6月1日

「あおもり歴史トリビア」第70号(2013年8月16日配信)

まぼろしに終わった「大浜町」(担当:工藤)

今回は、まぼろしに終わった「大浜町」というテーマで油川地区のお話をしましょう。

大正8年(1919)4月1日、油川村は町制を施行して油川町となりました。ところが、これを遡ること13年、明治39年(1906)に油川村は「大浜町」という名称で町制施行を目指していました。これについては、明治39年4月8日付で村長西田林八郎が知事西沢正太郎に充てて提出した「油川村ヲ大浜町ト変更ノ義ニ付稟請」(市史編さん室蔵)という公文書の写しが残っています。


西田林八郎(『青森市史』別冊人物編より)

この文書によれば、「大浜」という名称は、「油川」という名称よりも、県内はもちろん、ほかの府県でも広く認知されていて、商人たちはみな「津軽大浜」と彫られた印鑑を使って取り引きをしているのだとあります。ですから、商業の発展を目指す油川村にとっては、より認知度の高い「大浜」でもって町制を施行したいと主張します。とくに、村長の西田は、「商業の町」を象徴すると言っていい「大浜」という名称への思いは並々ならぬものがあったようです。

さて、油川村の主張について、町村を監督する東津軽郡役所はこれを認め、知事にその考えを示します。ところが、県の判断は厳しいもので、この時は、油川村の町制施行そのものを認めませんでした。ここに、「大浜町」への改称は潰えてしまいました。

こうした背景があって、油川村は「油川」という名称で町制を施行することになったのです。なお、この時の町制施行に至る経緯については、来年刊行予定の『新青森市史』通史編第3巻で、当時の村議会でのやりとりなどを交えて詳しく紹介いたします。


大正初期の油川町(青森市発行『目で見る青森の歴史』より)

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局市民図書館 担当者名:歴史資料室

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-732-5271

ファックス番号:017-732-5272

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?