グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > メールマガジン「あおもり歴史トリビア」 > 「あおもり歴史トリビア」第92号(2014年1月24日配信)

ここから本文です。

更新日:2015年6月1日

「あおもり歴史トリビア」第92号(2014年1月24日配信)

市役所本庁舎前のブロンズ像(担当:村上)

こんにちは。臨時職員の村上です。

みなさんは青森市役所本庁舎前に右手をあげ、左腕で炎を抱いた人物のブロンズ像があるのをご存じでしょうか。市役所の前を通る方の多くが目にしていることと思います。

市役所本庁舎前のブロンズ像
市役所本庁舎前のブロンズ像

先日市役所を訪れたとき、一緒にいた祖母から像の制作者について聞かれました。私はこの像の名前も制作者も知らなかったので、二人で像の周りを調べてみたのですが、像の名前や制作者などの情報を記すものは見当たりませんでした。そこで、過去の『広報あおもり』を調べてみたところ、第109号(昭和42年1月5日発行)に像の写真と説明が掲載されていました。

説明によると、この像は青森市出身の画家・浜田英一(はまだ えいいち、1911-1997)の構想にもとづいて、野辺地町出身の彫刻家・小坂圭二(こさか けいじ、1918-1992)が制作したもので、昭和38年(1963)9月、かねさ株式会社の社長を務めた阿保定吉(あぼ さだきち)によって市に寄附されました。「青年らしくはつらつとした伸びゆく青森」を象徴して作られたものだそうです。

像のモデルとなったのは浜田英一の長男・剛爾(ごうじ)でした。この名前にピンときたという方もいらっしゃると思います。浜田剛爾はパフォーマンス・アーティストとして活躍し、平成13年(2001)に開館した国際芸術センター青森(ACAC)の初代館長を務めました(現・青森県立美術館パフォーミングアーツ推進実行委員会委員長)。私はこの像にモデルがいたということに大変驚きました。

像を制作した小坂圭二は旧制野辺地中学校在学中、教員を務めていた青森市出身の画家・阿部合成(あべ ごうせい)に学び、美術家を志しました。「世界の破れを担うキリスト」(青森県立美術館蔵)などの宗教彫刻で高く評価され、青森県を代表する彫刻家といわれています。昭和25~27年には高村光太郎の助手として十和田湖畔の「乙女の像」の制作にも携わりました。

柳町通りの「母子像」
柳町通りの「母子像」

『小坂圭二作品集』(1984年 究美企画)を参照したところ、市役所前にある像は「縄文の炎青年像」という作品名で紹介されていました。また、市内にある作品として、柳町通りの「母子像」(昭和38年制作)、リンクステーションホール青森(青森市文化会館)の「北の花杯」(昭和57年制作)も紹介されていました。これらの作品についても、改めて足を運んでみたいと思いました。(敬称略)

※『青森県史叢書 近現代の美術家』(2012年 青森県)などを参考にしました。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局市民図書館 担当者名:歴史資料室

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-732-5271

ファックス番号:017-732-5272

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?