グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > メールマガジン「あおもり歴史トリビア」 > 「あおもり歴史トリビア」第117号(2014年7月25日配信)

ここから本文です。

更新日:2016年1月8日

「あおもり歴史トリビア」第117号(2014年7月25日配信)

青森町の海岸部の開発(担当:工藤)

こんにちは!室長の工藤です。

連休最終日となった7月21日は「海の日」でした。かつては7月20日が「海の記念日」で、聖徳(せいとく)公園には「海の記念日発祥の地」の碑があり、青森ともゆかりのある記念日でした(平成24年7月13日配信のメールマガジンも併せてご覧ください)。

さて、「青森」という「まち(ここでは、おおむね中心市街地をイメージしてください)」が誕生してもうすぐ400年を迎えます。つまり、青森は、さまざまな歴史景観を400年という長い時間のなかに刻み現在に至っているといえるでしょう。今回は、青森の景観が大きく変貌を遂げ、それはある意味では現在も続いている…そんな話題です。

明治4年(1871)に県庁が青森町に移転し、「県都青森」が誕生します。その少し前、明治2年の末から明治3年にかけて、青森町の海岸部の開発が企図されます。これには、隣接する浜町(現在の安方2丁目の一部と本町2丁目・5丁目の北側の区画)の住民、とくに、仕事に直接の影響が出るとみられる廻船問屋を営んでいた人々の反発を買ったことなどから、意図した成果は得られなかったとみられます。そして、県庁移転後の明治5年に青森県は、官有地の扱いになっていたこれら海岸部の土地を払い下げ、これをきっかけに海岸部の開発が始まります。しかも、現在残っている断片的な記録によれば、藩政時代から名前が知られる有力な商人層に土地が払い下げられたという事例が少ないという特徴があります(表参照)。

地所

広さ

払下人

地所

広さ

払下人

表口

裏行

表口

裏行

第1号

16間

25間

片谷惣三郎

弘前東長町

第15号

10間

25間

今井清四郎

青森町

第2号

5間1尺

25間

田澤市太郎

青森町

第16号

10間

25間

伊東善五郎

青森町

第3号

10間

25間

大嶋太三郎

青森町

第17号

伊東善五郎

青森町

第4号

10間

25間

桂儀助

青森町

第18号

10間

25間

鎌田五市

青森町

第5号

9間

25間

桂儀助

青森町

第19号

10間

25間

中村喜平

第6号

10間

25間

大柳福蔵

青森町

第20号

10間

25間

和田利八

青森町

第7号

10間

25間

加賀谷丑蔵

青森町

第21号

10間

25間

川野和助

青森町

第8号

10間

25間

佐藤治郎右衛門

青森町

第22号

10間

25間

伊藤三次郎

青森町

第9号

10間

25間

小浜治右衛門

青森町

第23号

5間

25間

桂井吉郎右衛門

青森町

第10号

10間

25間

和田七五郎

青森町

第24号

7間

25間

柏屋勇吉

青森町

第11号

5間

25間

三上伝三郎

青森町

第25号

10間

25間

堀井吉右衛門

青森町

第12号

10間

25間

三上留吉

青森町

第26号

10間

25間

浅田理助

青森町

第13号

13間

25間

桜庭多吉

青森町

第27号

10間

25間

山内文次郎

青森町

第14号

5間

25間

藤林四郎兵衛

青森町

〔注〕第7号「加賀屋丑蔵」は「加賀屋寅蔵」の誤ヵ。
〔出典〕『青森市沿革史』明治5年4月25日条から作成。

海岸部の開発に着手した背景には、当時の青森町で新たに開発可能な土地は、海岸部のほかは新町の農耕地以外になかったことがあげられます。そして、これに加えて、北海道への渡航地としてこれまで以上にその位置づけが高まっていた青森を、近代の港町として再編成しようと考えられていたのかもしれません。

こうして、海岸部の景観は一変することになりました。さらに、その後の開発によって海岸部は変化を続けます。ですから、現在は藩政時代の海岸部を偲ぶことはできません。また、最近でも新中央埠頭が整備されたことは記憶に新しいところでしょう。海岸部は時期による景観の変化がとくに大きく、地図でその変遷をたどってみるのもまた面白いと思います。

ところで、新中央埠頭が整備されたことで、冒頭に紹介した聖徳公園内にある、「海の記念日発祥の地」などのモニュメントの一部が場所を移動したのですが、お気づきでしたか?

現在地に移る前の聖徳公園
現在地に移る前の聖徳公園
(昭和55年、市広報広聴課蔵)

青い森公園東側へ移った聖徳公園
青い森公園東側へ移った聖徳公園
(平成22年撮影)

工事中の聖徳公園
工事中の聖徳公園
(平成24年撮影)

 

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局市民図書館 担当者名:歴史資料室

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-732-5271

ファックス番号:017-732-5272

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?