グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > メールマガジン「あおもり歴史トリビア」 > 「あおもり歴史トリビア」第108号(2014年5月23日配信)

ここから本文です。

更新日:2017年3月17日

「あおもり歴史トリビア」第108号(2014年5月23日配信)

野木和公園の歴史(担当:葛西)

こんにちは。今日は、野木和公園についてお話します。

野木和公園は、青森市の西部にあり、桜の名所として知られ、野木和湖と丘陵が特徴的な都市公園です。

野木和公園の石碑
野木和公園の石碑

石碑の背面
石碑の背面

公園中央部にある野木和湖は、いつごろ造られたか明らかではありませんが、17世紀末の羽白村の絵図には、この湖付近の位置に「溜池」が描かれています(『新青森市史』通史編第2巻近世口絵)。周囲約4キロメートル、面積13.3ヘクタールの灌漑(かんがい)用の溜池で、水田とともに造られ、本市で最も古い溜池といわれています。

野木和湖
野木和湖

釣りを楽しむ人々
釣りを楽しむ人々

さて、野木和湖では、明治41年(1908)9月の嘉仁(よしひと)皇太子(のちの大正天皇)来青を記念し、地域振興を図ろうと養魚場の事業が計画されました。さらに、油川町は、大正10年(1921)に試験的に幼鯉を放流しましたが、設備不十分のため、うまくいかなかったようです。

また、戦後、春まつりの会場のひとつとなった野木和公園では、湖を利用して釣り大会が開催されました。現在でも、野木和湖で釣りを楽しむことができますが、ブラックバス等の外来種が占有しつつあります。以前は、ヘラブナやマブナ、コイ釣りでにぎわっておりました。

加えて、昭和20年(1945)頃まで、冬に湖面が氷結すると氷が切り出されていました。野木和湖は、灌漑用水を始めとし、養魚、氷の採取といろいろな用途に使われ、まさに生命の水だったといえるでしょう。

公園としては戦後、昭和47年に公園整備が計画され、翌年から本格的に整備が始まりました。そして、昭和60年から毎年5月に市民の心のふるさととしての「森」を育てるため、世代を超えた多くの市民の参加と協力で植樹祭を開催して森づくりが行われ、昭和63年に完成しました。

野木和公園案内図
野木和公園案内図

公園内にはクロマツ・アカマツ・シダレヤナギ・ソメイヨシノが主に植栽され、「こどもの国」、「ピクニック広場」、「水辺散策園」、「林間散策園」、「ふるさとの森」と5つの区域に分かれています。そして、湖には「野木和散策橋」、「湖上大橋」、「みかえり橋」、「幸運橋」の4つの橋が架けられ、公園内の移動が便利になり、新しい魅力のある憩いの公園になっています。

今回の野木和公園について、『新青森市史』別編第4巻自然、通史編第3巻近代・第4巻現代に詳しく記していますので、ぜひご覧ください。

こどもの国

こどもの国

こどもの国

ピクニック広場
ピクニック広場

水辺散策園

水辺散策園

水辺散策園

林間散策園入口の花壇
林間散策園入口の花壇

林間散策園
林間散策園

林間散策園展望台
林間散策園展望台

 

ふるさとの森
ふるさとの森

ふるさとの森から八甲田山系を望む
ふるさとの森から八甲田山系を望む

 

野木和散策橋
野木和散策橋

湖上大橋
湖上大橋

 

みかえり橋
みかえり橋

幸運橋
幸運橋

 

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局市民図書館 担当者名:歴史資料室

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-732-5271

ファックス番号:017-732-5272

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?