グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 歴史 > メールマガジン「あおもり歴史トリビア」 > 「あおもり歴史トリビア」第105号(2014年5月2日配信)

ここから本文です。

更新日:2017年3月17日

「あおもり歴史トリビア」第105号(2014年5月2日配信)

野脇中学校で開催された「移動動物園」(担当:工藤)

こんにちは!室長の工藤です。

今から約60年前の昭和25年(1950)6月28日、青森市営野球場で行われたプロ野球巨人対西日本(この年1年間だけ活動した球団)戦で、巨人の藤本英雄投手が日本プロ野球初の完全試合を達成しました。そういえば、少年時代にこの試合を観戦したという方から、その時のお話をうかがったことがあります。

日本プロ野球初の完全試合達成記念碑
日本プロ野球初の完全試合達成記念碑

さて、ちょうどその頃、市内ではもうひとつ大きなイベントが開催されていました。それは、6月28日~7月3日にかけて野脇中学校(現リンクステーションホール青森〈青森市文化会館〉)の校庭で開催された「移動動物園」です。

野脇中学校(昭和20年代後半『復興した新しい青森』より)
野脇中学校(昭和20年代後半『復興した 新しい青森』より)

前年の昭和24年、インドのネルー首相から日本の子どもたちへのゾウ(インディラと命名)が贈られ、またおなじ頃にタイからもゾウ(はな子と命名)が贈られていました。これら2頭のゾウは大人気となり、全国ツアーを行うことになりました(はな子は東京近郊)。そうです、野脇中学校での「移動動物園」は、この全国ツアーとして開催されたものなのです。

インディラちゃん一行は、山形での移動動物園を終えてから30時間もの時間をかけて青森までやってきました。6月28日付の新聞記事によりますと、インディラちゃんのほか、マントヒヒ・クマ・キツネ・タヌキ・クジャク、そして「カンガルーのはく製」も一緒にやってきたそうです。ただ、28日のインディラちゃんは少々お疲れだったようで、この日は「お猿電車」に人気をさらわれたと新聞は伝えています。

なお、インディラちゃんは昭和58年8月に上野動物園で亡くなりました。一方、はな子ちゃんの方は、インターネットで調べてみたところ2014年2月の時点では存命(井の頭自然文化園 67歳)で、日本で飼育されたゾウでは最も長寿であるとか。

この「移動動物園」の記念絵はがきを、10数年前に市内の古書店で買い求め、それを4年前に紹介しました。すると、現在は関東にお住まいですが、当時長島小学校の2年生であった方から、この「移動動物園」を学校行事で見学したときのエピソードを綴ったメッセージ・お手紙を頂戴いたしました。

インディラちゃん(筆者蔵)
インディラちゃん(筆者蔵)

お猿電車(筆者蔵)
お猿電車(筆者蔵)

このように、戦後のさまざまな出来事は、さきのプロ野球の話もそうですが、市民の方々の記憶に鮮やかに残っていることも多いのでしょうね。5月1日付『広報あおもり』の「青森タイムトラベル」も懐かしく読まれた方もいるのではないでしょうか。また、先日から書店等に並ぶようになった『新青森市史』通史編第4巻現代は、戦後の青森市のいろいろなトピックを取り上げています。写真図版もたくさん掲載していますので、「懐かしい青森」を読み、愉しんでみてはいかがでしょう。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局市民図書館 担当者名:歴史資料室

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-732-5271

ファックス番号:017-732-5272

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?