グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 産業・雇用 > 農林水産業 > 農林水産業関係施設 > 青森市水産振興センター

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

青森市水産振興センター

施設紹介

水産振興センターでは、種苗生産技術の開発から放流までの「栽培漁業」の推進はもとより、陸奥湾に適した新たな増養殖に向けた試験・研究すすめ、地域に密着した研究機関として水産業の振興に努めています。

業務内容

  1. 種苗生産事業
    (1)ナマコ種苗生産(目標:20ミリメートル、20万個)
    (2)ワカメ種苗生産(目標:20,000メートル)
  2. 調査・情報事業
    (1)ホタテガイラーバ調査
    (2)ホタテガイ母貝成熟度調査
    (3)ホタテガイ付着稚貝調査
    (4)ナマコラーバ調査
  3. 試験研究事業
    (1)新栽培漁業種開発試験
    (2)ホヤ種苗生産試験
  4. 漁業の担い手育成事業
    (1)青森市浜の味普及会
    (2)青森市漁業研究リーダー会
    (3)漁業の担い手対策事業(負担金)

主な施設

水産振興センター

建物

敷地面積 1,295.8平方メートル
延床面積 1,049.5平方メートル
第1培養棟 671.5平方メートル
1階 480.3平方メートル
2階 191.2平方メートル
第2培養棟 378.0平方メートル

設備

  • 吸水能力
    毎時40トン(沖出350メートル):2系統

  • 調温設備
    チリングユニット(海水用、毎時60,000キロカロリー):1台
    チリングユニット(海水用、毎時62,000キロカロリー):1台
    エアコン(空調用、毎時12,200キロカロリー):2台

  • ろ過設備
    自動逆ろ過塔(毎時11.9トン):1基
    重力式砂ろ過槽(毎時10トン):2面

  • 発電設備
    自動自家発電装置(200ボルト、4.5キロボルトアンペア):1台

  • 培養水槽
    3.7トン水槽(FRP製):12面
    5.0トン水槽(コンクリート製):14面
    500リットル水槽(アルテミアふ化槽):10台
    100リットル水槽(アルテミアふ化槽):3台


調査船

調査船「かいと」

船名「かいと」

平成22年10月竣工
FPR製5.4トン、最大馬力310キロワット、最大速力20ノット以上
定員20名

船名の由来

海で漁を生業とする漁師を意味する「海人」、都を開く、建都を意味する「開都」にちなんで命名。本市の今後益々の繁栄を願う気持ちが込められている。

交通のご案内

  • JR奥内駅から徒歩7分
  • JR青森駅から奥内駅まで津軽線で15分

問合せ

所属課室:青森市農林水産部水産振興センター

青森市清水字浜元188-34

電話番号:017-754-2064

ファックス番号:017-754-3201

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?