グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 制度 > 青森市情報公開制度

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

青森市情報公開制度

情報公開制度

この制度は、市政について知っていただくための制度で、「青森市情報公開条例」に基づいて市が保有している行政文書を公開するものです。
市民の市政参加を一層促進し、もって公正な市政の確保と市政に対する市民の信頼の増進に努めます。

開示請求できるかた

どなたでも、請求できます。

開示請求できる情報

実施機関の職員が職務上作成し、または取得した文書、図画、写真、フィルム及び電磁的記録であって、組織的に用いるものとして、当該実施機関が保有している行政文書。

開示できない情報

  1. 法令等の規定により、公にすることができない情報
  2. 個人に関する情報
  3. 法人その他の団体に関する情報や事業を営む個人の事業に関する情報
  4. 犯罪の予防または捜査その他の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれがある情報
  5. 審議、検討または協議に関する情報で、公にすることにより、率直な意見の交換や意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれ等がある情報
  6. 事務または事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある情報

開示請求の方法

開示請求書に住所、氏名、電話番号、開示を請求する行政文書の名称、もしくは具体的な内容等を記入して「市役所本庁舎2階総務課」または「浪岡庁舎2階総務課」へ郵送またはファクシミリで請求してください。
なお、「請求する行政文書を保有している各担当課へ直接」請求することもできます。

開示請求書は別添様式よりダウンロードできます。

開示・不開示等の決定

原則として、請求のあった日から15日以内に決定します。

開示の方法

開示の決定通知を受けた場合は、指定された日時・場所で文書等の写しの交付、閲覧ができるほか、文書の写し(コピー)等の郵送による開示も可能です。

開示に係る費用

行政文書の閲覧は無料です。
文書等の写し(コピー)を受け取るかたには、その作成に要する費用を、また写しの送付を希望されるかたには、上記費用に郵送料を加算した金額を負担していただきます。
白黒コピーで10円(A3サイズ片面1枚あたり)としています。
そのほか、電磁的記録を複写したフロッピーディスク等の交付を受ける場合にも、所定の費用を負担していただきます。

決定に不服がある場合

請求した行政文書が開示できない場合は、その理由を通知しますが、その決定に不服がある場合は、審査請求をすることができます。
審査請求があったとき、実施機関は、有識者で構成する審査会に諮問し、その答申を尊重して申立てについての決定をします。

※平成28年度から行政不服審査法の改正に伴い、決定に対し不服がある場合の手続きについては、不服申立てではなく審査請求となります。また、請求(申立て)期間も60日間から3か月と延長になります。

行政文書及び個人情報の開示状況

平成28年度の行政文書及び個人情報の開示状況を公表します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市総務部総務課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5042

ファックス番号:017-734-6865

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?