グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 青森市のまちづくり > 平和への取組 > 平成28年度青森の戦争の記憶をたどるバスツアーの開催状況

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

平成28年度青森の戦争の記憶をたどるバスツアーの開催状況

市内の小学生及び保護者等を対象に「青森の戦争の記憶をたどるバスツアー」を開催しました。当日は「青森市平和マップ」をもとに、青森空襲で焼け残った建物や慰霊碑など市内14か所を巡り、参加者全員で平和について考えました。

開催日時

平成28年10月10日(月曜日・祝)午前9時00分~12時00分

参加者

市内の小学生及び保護者等 15名

見学先

1.空襲・戦災都市 青森の碑(市役所前)、2.古川小学校(旧古川国民学校)、3.青い森公園(旧新町国民学校跡地)、4.八甲通り、5.青函連絡船戦災の碑、6.しあわせプラザ(旧公会堂)、7.カトリック本町教会の煉瓦塀、8.青森製氷株式会社、9.県立郷土館(旧青森銀行本店)、10.中村生花店倉庫(旧青湾貯蓄銀行)、11.孔雀苑跡地(旧日本勧業銀行青森支店)、12.諏訪神社拝殿(招魂堂)、13.初代青森平和観音像(リンクステーションホール青森内)、14.青森空襲資料常設展示室(中央市民センター内)

講師

青森市民図書館歴史資料室 室長 工藤大輔

ツアーの様子

青森の碑

青函連絡船戦災の碑

空襲・戦災都市 青森の碑(市役所前)

青函連絡船戦災の碑

しあわせプラザ(旧公会堂)

諏訪神社拝殿(招魂堂)

しあわせプラザ(旧公会堂)

諏訪神社拝殿(招魂堂)

参加者からの声(主なもの)

  • 青森市に住んでいたけれど、こんなに戦争の跡が残っていたとは思いませんでした。
  • 戦争がもたらした被害をよく知れたからこそ、その被害にあわないように、これからは戦争が起きないよう努力していこうと改めて感じました。
  • 普段じっくりと見たことがない貴重なものをこのバスツアーを通して見ることができました。どういう人がどういう思いで戦争中生きていたか、昔の人の思いを感じることもできてよかったです。

問合せ

所属課室:青森市総務部総務課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5042

ファックス番号:017-734-6865

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?