グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 固定資産税 > 固定資産税Q&A > 課税されている土地の面積が実際の面積と異なっている

ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

課税されている土地の面積が実際の面積と異なっている

質問

課税されている土地の面積が実際の面積と異なっているのはなぜですか。

回答

地の地積(面積)は、個々の土地について実測をしなければ、土地登記簿に登記された地積と現況の地積とが一致しているかどうかの判定はできません。このため、固定資産税の算定においては、原則として登記簿に登記されている地積により課税いたします。
た、登記されていない土地及び登記地積によることが不適当である場合には、現況地積により課税することとなります。よって、登記されている土地の中で、一部現況地積と異なる登記地積により課税されているものもあります。

問合せ

所属課室:青森市税務部資産税課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5205

ファックス番号:017-734-5198

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?