グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 固定資産税 > 固定資産税Q&A > 固定資産の評価替えとは

ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

固定資産の評価替え

質問

固定資産の評価替えとは何ですか。

回答

 固定資産税を算定する基礎となる固定資産の価格(評価額)は、3年度毎に見直す制度がとられており、この見直しを「評価替え」といいます。
 本来であれば、資産価値の変動に対応させ、毎年度評価替えを行い、より適正な価格を設定すればよいのですが、膨大な量の土地・家屋について毎年度評価を見直すことは、実務的に極めて困難であり、課税事務のコストを最小限に抑える必要もあることなどから、土地・家屋については、3年度毎に価格を見直しています。
 なお、土地の価格については、地価の下落があり価格を据え置くことが適当でない場合は、単年度毎に価格を修正できることとなっています。
 次回の評価替えは平成33年度です。

問合せ

所属課室:青森市税務部資産税課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5200

ファックス番号:017-734-5198

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?