グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 固定資産税 > 固定資産税Q&A > 住宅を取り壊したのに固定資産税が高くなった

ここから本文です。

更新日:2014年11月27日

住宅を取り壊したのに固定資産税が高くなった

質問

住宅を取り壊したのに固定資産税が高くなったのはなぜですか?

回答

住宅やアパート等の建っている土地、いわゆる人が「居住」するための土地については、その税負担を特に軽減するため、「課税標準の特例措置」が設けられています。
そのため、住宅等を取り壊した場合は、土地の利用状況が「居住」ではなくなったため、この特例措置は解除されます。
したがって、税額が高くなったのは、住宅にかかっていた税額の減少分よりも土地の税額の上昇分の方が大きかったためと思われます。

問合せ

所属課室:青森市財務部資産税課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5200

ファックス番号:017-734-5198

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?