グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 固定資産税 > 固定資産税Q&A > 住宅の固定資産税が急に高くなった

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

住宅の固定資産税が急に高くなった

質問

住宅の固定資産税が急に高くなったのですが?

回答

新築の住宅に対しては3年間の固定資産税の減額措置が設けられており、一定の要件を満たす場合、新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度分に限り、120平方メートルまでの居住部分に相当する固定資産税額(家屋分)の2分の1が軽減されます。
例えば、平成24年5月に新築された木造の住宅(床面積100平方メートル)の固定資産税が、平成28年度から急に高くなった場合は、平成25年度、平成26年度及び平成27年度の3年度分は固定資産税額の2分の1の減額が適用されて税額が減額されましたが、新築住宅に対する減額措置の適用期間が終了したため、平成28年度から本来の税額に戻ったことがその理由です。

問合せ

所属課室:青森市財務部資産税課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5200

ファックス番号:017-734-5198

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?