グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 個人市民税 > 市民税・県民税の申告

ここから本文です。

更新日:2017年5月12日

市民税・県民税の申告

市民税・県民税の申告とは、個人の前年1年間(1月1日から12月31日の間)の所得金額や控除金額などを申告する手続です。

1月1日現在、青森市に住所があるかたで、下記「申告の必要がないかた」に該当しないかたは、青森市へ申告書を提出しなければならないことになっています。青森市内に住所がないかたでも、1月1日現在、青森市内に事業所、事務所または家屋敷がある場合には、申告が必要となります。
なお、前年中収入がないかたでも、申告をしない場合は、児童手当、保育所、公営住宅入居の申込などの各種申請に必要な所得証明書や課税証明書等が発行できないことがあります。
また、国民健康保険税の軽減措置を受けようとするかた、国民年金保険料の免除申請をするかたなどは申告が必要です。

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」により、ふるさと納税先団体へ申告特例申請書を提出した場合でも、確定申告や市民税・県民税の申告を行うと、特例の適用ができなくなりますのでご注意ください。
「ふるさと納税ワンストップ特例制度」については下記のページでご案内しております。

 →元気都市あおもり応援寄付制度(ふるさと納税制度)

申告の必要がないかた

ア.所得税の確定申告書を提出したかた
イ.前年中の収入が給与収入のみで、勤務先から青森市へ給与支払報告書が提出されているかた
ウ.前年中の収入が公的年金等の収入のみのかたで次の範囲のかた
  ・年齢が65歳以上のかた…151万5千円以下
  ・年齢が65歳未満のかた…101万5千円以下
  ※65歳であるかどうかの判断は、前年の12月31日の年齢によります。

※ただし、上記イまたはウに該当するかたで、各種控除の追加または変更がある場合は、申告が必要です。

申告書の入手先

市民税課窓口

申告時期

3月15日(土・日曜日の場合は次の月曜日)まで

申告に必要なもの

  • 印鑑
  • 本人確認書類(詳細はこちらへ)
  • 前年の所得がわかる書類
    • 給与所得者…源泉徴収票
    • 年金所得者…公的年金等の源泉徴収票
    • その他の所得者…収支内訳書など収入、所得がわかるもの
  • 控除を受けるのに必要な証明書等(原本)
    • 雑損控除…証明書・領収書
    • 医療費控除…領収書
    • 社会保険料控除(国民健康保険税・国民年金保険料・介護保険料等)…証明書または領収書
    • 生命保険料控除…証明書
    • 地震保険料控除…証明書(旧長期損害保険契約の証明書も対象)
    • 小規模企業共済等掛金控除…証明書
    • 障害者控除…障害者手帳・障害者控除対象者認定書等
    • 寄附金控除…寄附金の受領書

問合せ

所属課室:青森市財務部市民税課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5193

ファックス番号:017-734-5190

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?