グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 個人市民税 > 市民税Q&A > 妻がパートで働いているが、配偶者控除は?

ここから本文です。

更新日:2017年5月12日

妻がパートで働いているが、配偶者控除は?

質問

妻がパートタイムで働いていますが、配偶者控除等の税金の扱いはどのようになりますか?

回答

所得税と市民税・県民税について配偶者控除を受けることができるのは、一年間の配偶者の合計所得金額が38万円(収入金額103万円)以下の場合です。
なお、配偶者控除とは別に、配偶者特別控除があります。この配偶者特別控除については、本人の合計所得金額が1千万円以下であり、配偶者の合計所得金額が76万円(収入金額141万円)未満で配偶者控除を受けられない場合に、配偶者の所得に応じて受けることができます。
また、妻のパート収入に対する税金ですが、所得税は年収が103万円以下のかたには課税されず、市民税・県民税は年収96.5万円以下のかたには、所得割、均等割ともに課税されません。

年間のパート収入 パート収入に
市・県民税が
パート収入に
所得税が
夫の所得から
配偶者控除が
96.5万円以下 課税されない 課税されない 受けられる
96.5万円超103万円以下 課税される
103万円超 課税される 受けられない

 

 

問合せ

所属課室:青森市財務部市民税課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5193

ファックス番号:017-734-5190

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?