グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 個人市民税 > 市・県民税の公的年金からの特別徴収に関するQ&A > 年度の途中で年金からの特別徴収が中止され、普通徴収になる場合はあるのですか?

ここから本文です。

更新日:2016年6月1日

年度の途中で年金からの特別徴収が中止され、普通徴収になる場合はあるのですか?

質問

年度の途中で年金からの特別徴収が中止され、普通徴収になる場合はあるのですか?

回答

平成28年9月まで

他の市区町村に転居した場合、特別徴収税額に変更があった場合、青森市で行う介護保険の特別徴収対象被保険者でなくなった場合などは、特別徴収が中止され、残額については普通徴収に切り替わります。

平成28年10月以後

青森市で行う介護保険の特別徴収対象被保険者でなくなった場合などは、特別徴収が中止され、残額については普通徴収に切り替わります。なお、他の市区町村に転居した場合、特別徴収税額に変更があった場合は、一定の要件の下で特別徴収が継続します。

問合せ

所属課室:青森市財務部市民税課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5197

ファックス番号:017-734-5190

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?