グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 個人市民税 > 市・県民税の公的年金からの特別徴収に関するQ&A > 2以上の公的年金を受給しているのですが、それぞれから特別徴収されるのですか?

ここから本文です。

更新日:2016年6月1日

2以上の公的年金を受給しているのですが、それぞれから特別徴収されるのですか?

質問

2以上の公的年金を受給しているのですが、それぞれから特別徴収されるのですか?

回答

特別徴収の対象となる年金は、老齢または退職を支給事由とする年金ですが、対象となる年金が2以上ある場合には、その受給額の多少に関わらず、次に掲げる順序に従い、先順位のひとつの年金から特別徴収されることになります。なお、年度途中に優先順位の高い年金の支給が新たに発生した場合でも、翌年の9月30日までは、特別徴収をする年金は変わりません。

  1. 国民年金法による老齢基礎年金
  2. 旧国民年金法による老齢年金または通算老齢年金
  3. 旧厚生年金保険法による老齢年金、通算老齢年金または特例老齢年金
  4. 旧船員保険法による老齢年金または通算老齢年金
  5. 旧国共済法等による退職年金、減額退職年金または通算退職年金(厚生年金保険法等の一部を改正する法律附則第16条3項の規定により厚生年金保険の実施者たる政府が支給するものとされたものに限る。)
  6. 旧国共済法等による退職年金、減額退職年金または通算退職年金(5.に掲げる場合を除く。)
  7. 移行農林年金のうち、退職年金、減額退職年金または通算退職年金
  8. 旧私学共済法による退職年金、減額退職年金または通算退職年金
  9. 旧地共済法等による退職年金、減額退職年金または通算退職年金

問合せ

所属課室:青森市財務部市民税課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5197

ファックス番号:017-734-5190

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?