グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税の税率

ここから本文です。

更新日:2016年4月20日

軽自動車税の税率

平成26年度税制改正により軽自動車税の税率が大きく見直されました。

原動機付自転車及び二輪車等

平成28年度から税率が変更となります。

種別

平成27年度

平成28年度

原動機付自転車

50cc以下

1,000円

2,000円

50cc超~90cc以下

1,200円

2,000円

90cc超~125cc以下

1,600円

2,400円

ミニカー(三輪以上、20cc超~50cc以下、車室有)

2,500円

3,700円

小型特殊自動車

農耕作業用

1,600円

2,000円

その他のもの

4,700円

5,900円

軽自動車

雪上車

2,400円

3,600円

二輪の軽自動車

125cc超~250cc以下(側車付含む)

2,400円

3,600円

二輪の小型自動車

250cc超

4,000円

6,000円

三輪及び四輪以上の軽自動車

平成27年度からは、最初の新規検査の日に応じて、以下のいずれかの税率が適用となります。(平成26年度までは(1)旧税率が適用されています。)

種別

(1)旧税率適用

(2)新税率適用

(3)重課税率適用

軽自動車

三輪のもの

3,100円

3,900円

4,600円

四輪以上のもの

乗用

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

貨物用

営業用

3,000円

3,800円

4,500円

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

(1)旧税率…平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両に適用

(2)新税率…平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両に適用

※軽自動車税の賦課期日は4月1日のため、平成27年4月1日に最初の新規検査を受けた車両は平成27年度から新税率適用

平成27年4月2日以後に最初の新規検査を受けた車両は平成28年度から新税率適用(平成27年度は課税自体されません)

(3)重課税率…最初の新規検査から13年を経過した車両(※一部車両を除く)に対して、その翌年度から適用。この場合、(1)旧税率及び(2)新税率の適用はありません。※平成27年度に限り重課税率の適用はなく、(1)旧税率または(2)新税率のいずれかが適用されます。

また「電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車及びガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車並びに被けん引自動車」については重課税率が適用されません。

(注)最初の新規検査=自動車検査証の「初度検査年月」欄に記載されている年月または年

平成27年度以降の軽自動車税に関するQ&A

(※このQ&Aは平成26年度税制改正に対応するものであり、今後も法改正の可能性があることにご留意ください。)

Q1)平成26年8月に新車で乗用の自家用四輪を購入しました。今後の軽自動車税を教えてください。

A1)お問合せの車両は平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けているので、平成27年度から平成39年度までは旧税率の7,200円が課税されます。最初の新規検査から13年経過した翌年度の平成40年度以後については、重課税率である12,900円が課税されることになります。

Q2)平成27年5月に中古車で乗用の自家用四輪を購入しました。車検証に記載されている最初の新規検査の日(初度検査年月)は平成20年5月です。今後の軽自動車税を教えてください。

A2)旧税率と新税率の判定は、最初の新規検査の日で行われます。お問合せの車両は平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けているので、平成27年度から平成33年度までの軽自動車税は毎年7,200円が課税されます。最初の新規検査から13年経過した翌年度の平成34年度以後については、重課税率である12,900円が課税されることになります。

Q3)平成27年5月に新車で乗用の自家用四輪を購入した場合、当面は新税率の10,800円が課税されるということでよろしいですか。

A3)それで間違いありません。平成28年度から平成40年度まで、毎年10,800円が課税されます。平成41年度以後については、重課税率である12,900円が課税されることになります。

Q4)平成26年10月に新車で小型二輪を購入しました。今後の軽自動車税を教えてください。

A4)原動機付自転車及び二輪車等については、新車等での区分は無く、全ての車両が平成28年度から新税率となります。お問合せの車両は、平成28年度から毎年6,000円が課税されることになります。

Q5)原動機付自転車(50cc以下)の税率だけが2倍になっているのはなぜですか。

A5)法改正における議論の中で、新税率の最低額が2,000円と定められたことによるためです。

Q6)重課税率は全ての車両が対象となるのですか。

A6)新規検査から13年を経過した三輪及び四輪以上の軽自動車が重課税率の対象となります。ただしグリーン化を進める観点から、電気自動車等の環境性能に配慮した車種については重課税率の対象から除かれます。

Q7)平成28年度に重課税率が課税される軽自動車を教えてください。

A7)平成14年12月までに最初の新規検査を行った軽自動車から対象となります。

問合せ

所属課室:青森市財務部市民税課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5192

ファックス番号:017-734-5190

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?