グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 青森市のまちづくり > 市民と共につくるまち > 青森市まちづくり基本条例

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

青森市まちづくり基本条例

青森地区(ベイエリアから)

浪岡地区(浪岡庁舎周辺)

【青森地区(ベイエリアから)】

【浪岡地区(浪岡庁舎周辺)】

ライフスタイルの多様化や少子高齢化の進展など、市民生活を取り巻く社会環境の大きな変化により、市民ニーズやまちづくりの様々な課題も多様化・複雑化してきています。
そのような中で、私たちの青森市を「市民一人ひとりが幸せで活力ある住みよいまち」にしていくためには、まちづくりの主体である市民、議会及び市長等がこれまで以上に一体となって、まちづくりに取り組んでいくことが必要になります。
このことから、市では、まちづくりの基本理念や基本原則を定め、「市民」「議会」「市長等」それぞれの役割を明確にし、市民の福祉の向上と市勢の持続的な発展を図ることを目的として青森市まちづくり基本条例を制定しました。

 

市民と共に築く「市民のための自立したまち」を目指して

「自分たちの地域のことは自分たちで考え、決め、責任をもって行動する」というまちづくりの原点に立って、市民、議会及び市長等が連携してまちづくりに取り組み、私たちの青森市をもっと活力ある住みよいまちにしていきましょう!

わたしたちの住む北のまち青森市は、恵み豊かな陸奥湾や雄大な八甲田連峰、憩いの森梵珠山などの豊かな自然に育まれ、その恩恵を受けながら発展を続けてきました。

悠久の縄文の時を今に伝える三内丸山遺跡、中世の薫り漂う浪岡城跡、北国の短い夏に情熱が燃え上がるねぶた祭などを心から誇りに思うわたしたちには、美しくも厳しい自然と共に生きた先人たちの勇気と知恵と絆がしっかりと受け継がれています。

わたしたちは、縄文のまほろば、中世の里、そして港町として発展してきたこのまちの、自然と歴史、文化を愛し大切にする心をつむぎ育てながら、全ての市民が平和を愛し、お互いを尊び、絆がつなぐ、笑顔あふれるまちとして、また、市民一人一人が幸せで活力ある住みよいまちとして、次の世代に引き継いでいかなければなりません。

わたしたちは、ここに、青森市のまちづくりの道しるべとする「青森市まちづくり基本条例」を制定し、「自分たちの地域のことは自分たちで考え、決め、責任をもって行動する」まちづくりの原点に立ち、市民、議会及び市長等の持てる力を出し合い、共に力を合わせ、連携してまちづくりに取り組んでいきます。

【青森市まちづくり基本条例前文】

 

青森ねぶた祭 浪岡城跡 八甲田の樹氷

【青森ねぶた祭】

【浪岡城跡(桜)】

【八甲田の樹氷】

 

「市民」「議会」「市長等」それぞれの連携・役割イメージ


「市民」「議会」「市長等」それぞれの役割イメージ

 

まちづくりの基本的なルール

条例では、まちづくりの基本的なルールを3つ定めています。

ルール1 「市民参画」

市民主体のまちづくりにより、自分たちのまちを活力ある住みよいまちにすることができます。
※参画:市の政策の立案や評価、見直しについて主体的に関わること。

Q まちづくりに参加したい気持ちはあるのですが、具体的にどのようにすればいいのでしょうか?

A 市では、市民の皆さんの市政参加を促進するため、次のような取組をしていますので、ぜひご活用ください。

あおもりタウンミーティング

市民ニーズや地域の課題を把握し、市政運営の参考とするとともに、地域の個性を活かしたまちづくりを推進するため、37地区連合町会及び5地域協議会(青森地区)並びに青森市浪岡町内会連合会ごとに、市長等が順次お伺いし、地域の声を直接お聴きする「あおもりタウンミーティング」を開催しています。

タウンミーティング タウンミーティング

市民と職員の対話サロン

市政に関する情報を市民の皆さんへ提供するとともに、いただいたご意見を市政の参考とさせていただきます。

市民と職員の対話サロン

市民意見の募集

市政に対する意見を気軽に提出できる環境を整え、寄せられた意見・要望等を可能な限り市政へ反映できるよう努めます。

わたしの意見提案制度(パブリックコメント)

政策形成過程において、市民の皆さんから多様な意見を頂き、市民とのパートナーシップによるまちづくりを推進します。

市民意識調査

市民の皆さんが、まちづくりの各分野や生活の各局面などで、どのように考え、どのように行動しているかを伺うためのアンケート調査を実施し、今後の施策等を検討する上での基礎資料とします。

附属機関公募委員の公募

市附属機関の委員を公募し、委員としての意見を市政に反映します。

ルール2 「協働」

市民、議会及び市長等がそれぞれの立場や役割を認め合い、信頼関係を築きながら同じ目的のために対等の立場で力して共にくことで、様々なまちづくりの課題を解決することができます。

Q まちづくり活動って難しそうだけど、私でもできる活動はあるの?

A 「協働によるまちづくり」は、それぞれの役割に応じてできることを行うことが大切です。既に皆さんが行っているものもたくさんありますよ。

  • 町内会の地域活動(防災講習会、清掃活動等)
  • 観光客を対象としたおもてなしボランティア
  • 小・中学校の通学路の除雪
  • 小学生の下校時の防犯パトロール活動

なども市民協働によるまちづくり活動です。

災害発生時を想定した机上防災訓練

まちづくり協議会による地域清掃活動

【災害発生時を想定した机上防災訓練】

【まちづくり協議会による地域清掃活動】

 

ルール3 「情報共有」

市民、議会、市長等がそれぞれ持っている情報を提供し、共有することで、広い視野でまちづくりを推進することができます。

Q 私たち市民は普段の生活の中で感じていること、考えていることをどのように情報提供していけばいいのでしょうか?

A 市では、市民の皆さんからのご意見を随時募集しており、市の施設に専用のボックスを設けているほか市ホームページでも受け付けています。
また、市の事業や関連イベントに参加された際に、アンケートにご回答いただくことでも皆さんからの貴重なご意見を聴くことができます。

  • 【市からの情報提供】広報あおもり、市ホームページなど
  • 【議会からの情報提供】市議会ホームページ、市議会だより、議会報告会など
  • 【市民からの情報提供】まちづくりに関する活動を行う際に、自分の考える意見を提案するなど

 

「青森市まちづくり基本条例」制定までの検討過程について

平成22年8月に制定に向け検討を開始した「(仮称)青森市自治基本条例」は、さまざまな検討や市民の皆さんからの意見募集を経たのち、平成28年3月に議会の議決を受け、「青森市まちづくり基本条例」として公布・施行されました。

「(仮称)青森市自治基本条例中間報告書」の提出

市政運営の基本理念や基本原則などを定める「(仮称)青森市自治基本条例」の制定に向けた素案を検討するため、平成22年8月11日に学識経験者、NPO・町内会で活動されているかた、大学生など半数を公募委員が占める合計16人で構成する青森市自治基本条例検討委員会を設置し、約1年半余りにわたり、条33回の会議を開催し、条例内容の検討が行われました。
そして、平成23年12月27日に、検討委員会での検討結果を取りまとめた「(仮称)青森市自治基本条例中間報告書」が市長に提出されました。

「(仮称)青森市自治基本条例報告書」の提出

条例の制定に向け、平成24年10月15日に学識経験者、NPO、町(内)会、PTA、法曹関係団体等で活動されているかたなどと、公募によるかた合計16人で構成する青森市自治基本条例検討委員会を設置し、9回の会議を開催し、条例素案等をご検討いただきました。
そして、平成25年3月29日に、検討委員会での検討結果を取りまとめた「(仮称)青森市自治基本条例報告書」が市長に提出されました。

「わたしの意見提案制度」による意見募集の実施

 平成27年12月15日~平成28年1月14日の間、条例案に対する市民の皆さんからのご意見を募集しました。

青森市まちづくり基本条例の制定

青森市まちづくり基本条例の制定に係る議案は、平成28年第1回青森市議会定例会において、一部修正の上可決、成立しました。
これを受け、平成28年3月28日付けで条例を公布、同年4月1日に施行しました。

(修正内容)
第5章住民投票 第20条廃置分合及び境界変更に関する住民投票を削除

 

「青森市まちづくり基本条例」の周知・普及について

市では、今後も広報あおもりや本ホームページ等において、条例の周知・普及に向けた取組を行っていきます。

出前講座やってます

市では、本条例の普及を目的に、出前講座を実施しています。
出前講座の開催を希望する団体、グループ(学校、町内会、サークルなど概ね5名以上)は、下記の問合せ先までご連絡ください。

【お問合せ先】
青森市市民政策部 政策推進課 政策推進チーム
電話 017-734-2374

 

まちづくり活動にご活用ください!

市民及び市民活動団体の皆さんが取り組むまちづくり活動等に対し、補助金等の支給を行っている事業をご紹介いたします。
対象となる活動内容に条件がありますので、必ず事前に募集要項等をご確認ください。

市民活動団体向け助成制度について

市民活動団体の皆さんが利用できる助成制度について、分野別にお知らせしています。

市民活動団体向け助成制度のお知らせ

青森学術文化振興財団助成事業

地域における学術・文化の振興に関わる活動に対し、助成金を支給しています。

公益財団法人青森学術文化振興財団(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市市民政策部政策推進課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-2374

ファックス番号:017-734-5154

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?