グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化・芸術 > お知らせ > 平成29年度青森学術文化振興財団助成事業公募のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2016年9月1日

平成29年度青森学術文化振興財団助成事業公募のお知らせ

公益財団法人青森学術文化振興財団では、青森県内地域における教育・研究活動の振興を図り、県内の学術・文化の発展に寄与することを目的に、助成金を交付します。

助成対象者

次の要件を全て満たすかた

1.事務所を県内に有する法人・団体、または当該法人・団体に1年以上所属している個人及びグループ
2.原則として1年以上継続して組織があり、かつ代表者を含め3人以上の役員がいること
3.事業計画、予算書および決算書を有し、提出することができること
4.自己負担率が設けられた(設けられている)場合、自己負担できる資金(会費等)を有していること

助成対象事業

地域における教育・研究活動の振興を図り、県内の学術・文化の発展に寄与することを目的とした事業で、次の要件を全て満たす事業

1.営利を目的としない事業
2.不特定かつ多数のかたの利益の増進に寄与する事業
3.平成29年4月1日から平成30年3月31日までに実施し、かつ終了できる事業
4.国・地方公共団体またはこれらに準ずる団体(国、地方公共団体が25%以上出資している団体等)から補助を受けていない事業

事業例)○○大学公開講座事業、NPO△△絵画展開催事業等

目的・内容

地域における学術・文化の振興に係る事業
(定款第4条第1項第2号)
参加対象者を特定の組織等に限定している場合は、助成金額を制限する場合があります。

1.公開講座の開催事業
青森県内で開催される地域振興に関する教育や学術、文化的な観点の講座、講演会
例)○○大学経済学公開講座、△△短期大学 語学連続講座 等

2.地域の振興に係る研究事業
青森県の地域振興を目的とした調査・研究
例)××大学青森県内自治体のありかたの研究、□□大学青森県における食料自給率の研究 等

3.共同研究事業
産・学・官または学・官においての青森県内の地域振興に関する共同研究
例)○○株式会社、××大学、△△市の産業に関する研究 等
この事業を申請する場合は事前に当財団へご相談ください。

4.地域における学術・文化の振興に係る事業
その他、NPOや市民団体等による地域における学術・文化の振興事業
・50%助成(上限:50万円)
・同一団体は助成回数を3回(平成23年度以降)までとする。
例)NPO○○異文化交流事業、××絵画協会芸術展覧会事業

5.学術定期刊行物の出版事業
学会または複数の研究者の共同体制による団体等が定期的に刊行する学術誌の出版
・印刷製本費及び通信運搬費のみ助成対象経費とする。
・出版物については、年間最大400冊までとする。

6.学術図書の出版事業
大学、短期大学、研究所等の研究機関の個人または研究者グループ等が学術研究の成果を発表するため
に刊行する学術図書の出版
・印刷製本費及び通信運搬費のみ助成対象経費とする。
・80%助成(上限:100万円)
・原稿が申請書提出時に提出でき、平成29年6月30日(金曜日)までに出版社へ原稿渡しができる状態であること。
・出版完了が平成30年2月28日(水曜日)までであること。
・当財団の助成金による刊行は無印税とし、著者・編者・著作権者は、一切の利益を受けないこと。
・県内公立図書館(図書館法に基づく)へ寄贈すること。
(注1)受領書の写しもしくは各図書館へ送付したことがわかる配達証明書等を添付すること。
・図書館への寄贈終了時点が平成30年3月31日(土曜日)となること。

 

募集期間

平成28年9月12日(月曜日)~平成28年11月11日(金曜日)必着
※申請書は、下記ホームページからダウンロードできます。

助成金の交付決定

申請後、審査を経て申請者へ直接通知します。

送付先・問合せ先

〒030-0822
青森市中央一丁目22番5号 青森市役所政策推進課内
公益財団法人青森学術文化振興財団事務局 宛

電話/ファックス:017-723-3593
ホームページ:http://www.aogaku.sakura.ne.jp/

 

問合せ

所属課室:青森市市民政策部政策推進課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-2374

ファックス番号:017-734-5154

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?