グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 福祉 > 生活福祉 > 生活保護制度

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

生活保護制度

生活保護制度とは?

生活保護制度は、何らかの原因で日々の暮らしに困っているかたに対して、国の責任において、生活するために必要な当面の生活を保障し、その人が自分で生活できるように手助けする制度です。

生活保護を受けるには

生活保護は申請しなければ行われません。生活に困っているかたの相談は、いつでも福祉事務所(青森地区:福祉部生活福祉一課・二課、浪岡地区:浪岡事務所健康福祉課)が応じております。生活保護を希望されるかたは、福祉事務所に備えつけてある申請書類により、申請してください。

次のような場合は相談しましょう

  • 家計を支えていた人が病気になり生活ができない。
  • 家族が多く現在の収入では生活できない。
  • 離婚や働いていた人の転出により収入がなくなり生活できない。

次のような場合は生活保護は受けられません

  • 多額の預貯金や有価証券がある場合。
  • その他、生活するのに足りる資産がある場合。

生活保護決定のしかた

生活保護は世帯を単位とし、その世帯の全収入と国が定めた必要最小限度の生活費(基準生活費)を比べて、世帯の全収入が基準生活費よりも少ない場合に行われます。生活保護が決定されると、収入と基準生活費の差額が保護費として支給されます。

他の法律または制度による保障を受けることができる場合は、その利用に努める必要があります。

また、親・子・兄弟などからの援助を受けることができる場合は、その扶養を保護に優先します。

お問合せ

  • 福祉部生活福祉一課・二課
  • 電話:017-734-1111(内線5181~5192)
  • 浪岡事務所健康福祉課生活福祉チーム
  • 電話:0172-62-1197

問合せ

所属課室:青森市福祉部生活福祉一課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5367

ファックス番号:017-734-5839

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?