グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 斎場・霊園 > 埋葬などの手続

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

埋葬などの手続

埋葬の手続

埋葬できるのは、原則使用権者からみて6親等以内の親族及び3親等以内の姻族のかたの遺骨となります。

ページ下の「親族表(PDF)」をご参照ください。

必要書類

(1)火葬施設から発行された証明書。
「火葬執行済」の証明が無い場合、埋葬できません。

(2)紛失の場合は、火葬を行った自治体などへお問合せの上、再交付などの手続を行ってください。
(青森市斎場及び同浪岡斎園で火葬した場合は、施設の窓口で手続すれば「火葬証明書」が交付され、埋葬できます。)

改葬の手続

埋葬されている遺骨を他の埋葬場所へ移す場合は手続が必要です。

手続完了後に埋葬許可証を交付します。
埋葬許可証は、改葬先の墓地管理者へ提出してください。

必要書類

(1)改葬許可申請書(遺骨1体につき、1枚の申請書が必要です。)

(2)埋蔵証明書
(市営霊園以外に埋葬されている場合は、お寺や共同墓地などの管理者へ交付を依頼してください。)

郵送で申請する場合は、返信用切手を同封してください。

分骨の手続

埋葬された遺骨の一部を他の埋葬場所へ移す場合は手続が必要です。

(1)遺骨の埋葬場所が市営霊園の場合
手続完了後に埋蔵証明書を交付します。
埋蔵証明書は、分骨先の墓地管理者へ提出してください。

(2)遺骨の埋葬場所が市営霊園以外(お寺や共同墓地など)の場合
墓地管理者へ埋蔵証明書の交付を依頼してください。
(市担当課への手続は不要です。)

必要書類

(1)遺骨の埋葬場所が市営霊園の場合
埋蔵証明交付申請書(遺骨1体につき、1枚の申請書が必要です。)

(2)遺骨の埋葬場所が市営霊園以外(お寺や共同墓地など)の場合
埋蔵証明書(墓地管理者へ交付を依頼してください。)

三内・月見野・八甲田霊園、浪岡墓園をご利用のかた

埋葬・改葬・分骨いずれの場合も、手続の際には霊園(埋葬場所)使用許可証が必要です。

許可証を紛失の場合は、事前に担当課にて再交付手続(手数料150円)をお願いします。

使用権者が死亡の場合は、使用権者の変更手続も必要です。
詳しくは、リンク先「埋葬場所の使用権者の変更」をご参照ください。

なお、冬期間(12~3月)は各管理事務所を閉鎖しています。
閉鎖期間中に手続希望のかたは、担当課へご連絡ください。

ペット(犬、ねこ等)の納骨

三内霊園に「愛犬の墓」を設置しています。


なお、冬期間(12~3月)は閉鎖していますので納骨はできませんので、納骨されるまで焼骨は各自保管願います。

必要書類

(1)市の火葬場で火葬した場合
火葬施設から発行された証明書。

(2)民間の火葬施設で火葬した場合
火葬したことがわかる証明書(領収書等)。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市市民生活部生活安心課 担当者名:霊園管理運営チーム

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5277

ファックス番号:017-734-5256

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?