グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 賢い消費生活 > ご注意ください > 公的機関を連想させる「高齢者支援センター」などと称する事業者にご注意ください(平成29年6月22日)

ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

公的機関を連想させる「高齢者支援センター」などと称する事業者にご注意ください(平成29年6月22日)

公的機関を連想させる「高齢者支援センター」などと称する事業者が消費者に個人情報が漏れて別の団体等に登録されているなどとして、個人情報の登録の取消しを持ちかけ、多額の現金を宅配便で送付させる手口に係る相談が、各地の消費生活センター等に寄せられています。十分注意してください。
※「高齢者支援センター」のほか、「高齢者福祉支援センター」、「高齢者生活支援ボランティアセンター」など、類似の名称が用いられる場合もあります。

不審な電話がかかってきたり、おかしなことに巻き込まれたと感じたりした場合は、一人で抱えこまず、信頼できる周囲の人、消費者ホットライン(電話:局番なしの188)に相談しましょう。



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市市民生活部生活安心課 担当者名:消費生活相談チーム

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5250

ファックス番号:017-734-5256

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?