グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 賢い消費生活 > ご注意ください > 長年ご使用の家電製品・災害後の悪質商法にご注意ください(平成28年5月1日)

ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

長年ご使用の家電製品・災害後の悪質商法にご注意ください(平成28年5月1日)

長年ご使用の家電製品にご注意ください

長年ご使用の家電製品は、熱、湿気、ホコリなどの影響により、内部部品が劣化し、発煙・発火のおそれがあります。異常を感じたら、使用を中止し、販売店やメーカーにご相談ください。詳しくはリンク先からご覧ください。

経済産業省「製品安全ガイド」(外部サイトへリンク)
経済産業省のチラシ(PDFファイル)(外部サイトへリンク)

最新の情報はこちらからご確認ください。
製品安全・食品安全(消費者庁ホームページ)(外部サイトへリンク)

リコール情報については、リコール情報サイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

災害の後の悪質商法にご注意ください

災害の後には、被災した家屋の修繕、消毒などを名目とした悪質商法によるトラブルが多発しています。
災害に便乗した勧誘にくれぐれもご注意ください!

悪質な業者はこんな手口であなたのところにやってくる!

  • 「ゴミを引き取ります」「清掃に来ました」などと無料でサービスをするかのように訪問し、後で法外な料金を請求する。
  • 「市から頼まれています」「消防署・水道局(水道事業所)・保健所の方から来ました」などと、公的機関の職員を装って訪問する。
  • 「床下浸水をした後は、床下乾燥剤を入れなくてはいけない」と言って、勝手に乾燥剤をまいた後、契約書にサインをさせる。

「家屋の消毒」や「害虫駆除などのサービス」、「水道・電気・ガス設備の点検」、「ふとんのクリーニング」、「浄水器の点検」、「屋根・瓦の点検」をしないといけないと言って訪問することもあります。

〔注意!〕その場ですぐ契約せずに、公的機関に確認するなど、慎重に検討しましょう。

〔注意!〕「今日契約すれば半額にする」などと、契約を急がせる業者は要注意です。

〔注意!〕被災した家屋の修繕などを業者に依頼するときは、複数の業者から見積りを取り、十分検討しましょう。

〔注意!〕契約をしたときは、契約書を必ず受け取り、保管しておきましょう。

《万が一、契約してしまっても・・・》
訪問販売や電話勧誘販売での契約は、8日以内であれば損害賠償や違約金の請求を受けることなく、書面により無条件で契約を解除すること(クーリングオフ)ができます。

《困ったときはお早めにご相談を!!》
青森市民消費生活センター
電話:017-722-2326(青森市役所本庁舎2階)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市市民生活部生活安心課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5250

ファックス番号:017-734-5256

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?