グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 安全・緊急 > 交通安全 > 自転車も車両の仲間です!(交通ルール等)

ここから本文です。

更新日:2015年2月2日

自転車も車両の仲間です!(交通ルール等)

(1)自転車安全利用五則について

自転車安全利用五則をご存知ですか?

車の仲間(軽車両)である自転車には、「知らなかった・・・」では済まされないルールがあります。

自転車安全利用五則には、基本的な自転車のルールがまとめられています。

正しい自転車利用を心がけましょう。

自転車安全利用五則

  1. 自転車は車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    • 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    • 夜間はライトを点灯
    • 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  5. 子どもはヘルメットを着用

添付ファイル「ご存知ですか?自転車安全利用五則」もご覧ください。

(2)道路交通法の改正について<平成25年12月1日施行>

道路交通法の一部が改正されました。

  • (1)軽車両(自転車など)が通行できる路側帯は、道路の左側部分に限られることになりました。(道路右側の路側帯は通行できません)
    ≪路側帯の右側通行をした場合は、通行区分違反として、3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金≫
  • (2)ブレーキ不良の自転車は厳しく対処されます。
    ≪警察官による停止、命令に従わない。または、検査の拒否、妨害をすると5万円以下の罰金≫

詳しくは、関連リンク「一般財団法人全日本交通安全協会のホームページ」をご覧ください。

(3)自転車保険について

自転車利用者が、交通事故の被害者になるだけでなく、加害者となるケースが増えています。

近年、自転車の事故の場合でも数千万の高額な損害賠償を求められるケースも起きています。

子どもの事故の場合は、保護者が損害賠償を請求される場合もあります。

もしもに備えて、TSマークなど自転車保険の加入を検討しましょう。

  • TSマークについては関連リンク「公益財団法人日本交通管理技術協会ホームページ」をご覧ください。
  • 自転車保険については、関連リンク「一般社団法人日本損害保険協会ホームページ」をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市市民生活部生活安心課 担当者名:交通安全推進チーム

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5258

ファックス番号:017-734-5256

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?