グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 子ども・教育 > ひとり親家庭への支援 > 「みなし寡婦(夫)控除」の適用

ここから本文です。

更新日:2018年9月19日

「みなし寡婦(夫)控除」の適用

「みなし寡婦(夫)控除」の概要

青森市では、婚姻歴がない未婚のひとり親家庭への子育て支援の更なる向上を図るため、配偶者と死別・離別などした人が受けられる市民税・所得税の「寡婦(夫)控除」を未婚のひとり親家庭も同様に受けたとみなし、各制度の運用を行ういわゆる「みなし寡婦(夫)控除」を、下記の一覧に掲載している制度について適用しています。
このことにより、婚姻歴がなくても婚姻歴のあるひとり親と同様に、負担金等の基準となる税額・所得金額等が寡婦(夫)控除の適用を受けて、算定されることとなります。
なお、「みなし寡婦(夫)控除」の適用を受ける場合は、未婚のひとり親家庭であることを確認するための書類が必要となります。
必要書類は、制度によって異なりますので、各制度の受付窓口にお問合せください。

「みなし寡婦(夫)控除」適用対象制度一覧

対象制度名

適用税目

市役所受付窓口・問合せ先

  • 児童保育負担金(保育料)

市民税

  • 子育て支援課(駅前庁舎2階)
    電話番号:017-734-5330
  • 浪岡事務所健康福祉課(浪岡庁舎1階)
    電話番号:0172-62-1113
  • 幼稚園就園奨励費補助金
  • すくすく子育て支援費補助金

市民税

  • 子育て支援課(駅前庁舎2階)
    電話番号:017-734-5320
  • 民間託児施設保育料助成金

市民税

  • 子育て支援課(駅前庁舎2階)
    電話番号:017-734-5320
  • 児童手当
  • 児童扶養手当
所得税
  • 子育て支援課(駅前庁舎2階)
    電話番号:017-734-5334
  • ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金

市民税

  • 子育て支援課(駅前庁舎2階)
    電話番号:017-734-5334
  • ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金
  • ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業給付金
所得税
  • 子育て支援課(駅前庁舎2階)
    電話番号:017-734-5334
  • ひとり親家庭等日常生活支援事業利用者負担金
市民税
  • 子育て支援課(駅前庁舎2階)
    電話番号:017-734-5334
  • 母子生活支援施設負担金
  • 助産施設負担金

所得税
(市民税)

  • 子育て支援課(駅前庁舎2階)
    電話番号:017-734-5334
  • 結核児童療育給付金

所得税

  • 保健予防課(元気プラザ)
    電話番号:017-765-5282
  • 小児慢性特定疾患児日常生活用具の利用者負担金
  • 未熟児養育医療徴収金

所得税

  • 健康づくり推進課(元気プラザ)
    電話番号:017-743-6111
  • 小児慢性特定疾病医療費助成制度
市民税
  • 健康づくり推進課(元気プラザ)
    電話番号:017-743-6111
  • 特別児童扶養手当等給付諸費
    (特別児童扶養手当、特別障害者手当、障害児福祉手当)
所得税
  • 障がい者支援課(駅前庁舎1階)
    電話番号:017-734-5319
  • 浪岡事務所健康福祉課(浪岡庁舎1階)
    電話番号:0172-62-1113
  • 障害者自立支援給付費負担金(介護給付費、訓練等給付費)
  • 障害者自立支援給付費負担金(補装具費)
  • 障害児入所給付費等負担金(障害児通所給付費)
  • 障害児入所医療費等負担金(障害児通所給付費)
市民税
  • 障がい者支援課(駅前庁舎1階)
    電話番号:017-734-5327
  • 浪岡事務所健康福祉課(浪岡庁舎1階)
    電話番号:0172-62-1113
  • 障害者医療費負担金
市民税
  • 障がい者支援課(駅前庁舎1階)
    電話番号:017-734-5319
  • 浪岡事務所健康福祉課(浪岡庁舎1階)
    電話番号:0172-62-1113
  • 市営住宅使用料

所得税

  • 住宅まちづくり課(駅前庁舎3階)
    電話番号:017-734-5572
  • 市営住宅指定管理者:協同組合タッケン(駅前庁舎3階)
    電話番号:017-734-2381
  • 浪岡事務所都市整備課(浪岡庁舎2階)
    電話番号:0172-62-1145
  • 市営住宅指定管理者:皆成建設(有)(浪岡庁舎3階)
    電話番号:0172-62-1167

※適用しても負担金等が変更にならない場合があります。

「みなし寡婦(夫)控除」の内容

各制度で負担金等の算定方法は異なりますが、「みなし寡婦(夫)控除」の内容についてお知らせします。
なお、実際の市民税、所得税に影響するものではありませんのでご承知ください。

(1)市民税に基づき算定する制度における適用内容

  1. 本人の所得が125万円以下であれば非課税
  2. 母の場合、扶養親族や生計を同じくする子(所得が38万円以下)がいれば26万円控除
  3. 母の場合、扶養親族である子があり、所得が500万円以下であれば30万円控除
  4. 父の場合、次の要件全てに該当していれば26万円控除
    • 生計を同じくする子(所得が38万円以下)がいる
    • 所得が500万円以下

(2)所得税に基づき算定する制度における適用内容

  1. 母の場合、扶養親族や生計を同じくする子(所得が38万円以下)がいれば27万円控除
  2. 母の場合、扶養親族である子があり、所得が500万円以下であれば35万円控除
  3. 父の場合、次の要件全てに該当していれば27万円控除
    • 生計を同じくする子(所得が38万円以下)がいる
    • 所得が500万円以下
  4. 市営住宅使用料においては、入居者または同居者が、上記1~3に該当する場合、所得額より27万円控除(所得額が27万円未満である場合には当該所得額をもって算定)

問合せ

所属課室:青森市福祉部子育て支援課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5320

ファックス番号:017-722-5678

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?