グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 介護保険 > 在宅医療・介護連携推進事業 > 在宅医療・介護連携推進事業について

ここから本文です。

更新日:2018年8月15日

在宅医療・介護連携推進事業について

在宅医療・介護連携推進事業について

jigyo

医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域における医療・介護の関係機関が連携して、包括的かつ継続的な在宅医療・介護を提供するため、市町村が中心となって、地域の医師会等と緊密に連携しながら、地域の関係機関の連携体制の構築を推進する。

在宅医療・介護連携推進事業項目

(1)地域の医療・介護の資源の把握

地域の医療機関、介護事業所の機能等の情報を整理し、リストやマップ等必要な媒体を選択して共有・活用

(2)在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討

地域の医療・介護関係者等が参画する会議を開催し、在宅医療・介護連携の現状を把握・共有し、課題の抽出、対応策を検討

(3)切れ目のない在宅医療と在宅介護の提供体制の構築

地域の医療・介護関係者の協力を得て、在宅医療・介護サービスの提供体制の構築を推進

(4)医療・介護関係者の情報の共有支援

情報共有シート、地域連携パス等の活用により、医療・介護関係者の情報共有を支援

(5)在宅医療・介護関係者に関する相談支援

医療・介護関係者の連携を支援するコーディネーター配置等による、在宅医療・介護連携に関する相談窓口の設置運営により、連携の取組を支援

(6)医療・介護関係者の研修

地域の医療・介護関係者がグループワーク等を通じ、多職種連携の実際の習得や介護職を対象とした医療官憲の研修会等

(7)地域住民への普及啓発

地域住民を対象としたシンポジウム等の開催、パンフレット、チラシ、広報、ホームページ等を活用した普及啓発等

(8)在宅医療・介護連携に関する関係市区町村の連携

同一の二次医療圏内にある市区町村や隣接する市区町村等が連携して、広域連携が必要な事項について検討

 

 

・在宅医療・介護連携推進事業の手引き(PDF:7,197KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市福祉部高齢者支援課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5206

ファックス番号:017-734-5789

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?