グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

保険税 > 保険税の内訳

ここから本文です。

更新日:2015年1月30日

保険税の内訳

医療分

その年に見込まれる医療費総額から、医療機関で受診者が支払う一部負担金と、国からの補助金などを差引いた額が、保険税に求める総額となり、これに基づき税率等を算出します。

後期高齢者支援金分

平成20年4月から始まった後期高齢者医療制度においては、その財源の4割を現役世代から支援することとされ、国保や社会保険等の各医療保険者が、加入者から徴収し、社会保険診療報酬支払基金へ納付します。社会保険診療報酬支払基金で積算し、本市国保分として請求してくる後期高齢者支援金等の額から、国からの補助金などを差引いた額が、保険税に求める総額となり、これに基づき税率等を算出します。

介護分

介護保険第2号被保険者(40歳から64歳)がいる世帯については、介護分の保険税も併せて納めることとなっています。社会保険診療報酬支払基金で積算し、本市国保分として請求してくる介護納付金の額から、国からの補助金などを差引いた額が、保険税に求める総額となり、これに基づき税率等を算出します。

問合せ

所属課室:青森市福祉部国保医療年金課 担当者名:国保税チーム

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5340

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?