グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 国民健康保険 > 保険給付・保険給付の制限 > ジェネリック医薬品(後発医薬品)

ここから本文です。

更新日:2015年9月3日

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

『ジェネリック医薬品(後発医薬品)』とは

ジェネリック医薬品とは新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、有効成分、効能・効果が新薬と同等とみなされ、国の承認基準を満たしている医薬品のことです。
ジェネリック医薬品は、新薬に比べ開発期間が短く、費用も少なくて済むため、そのほとんどが新薬より低価格となっています。

『ジェネリック医薬品』を希望するかたは

処方せんの医師の署名欄に署名がなければ、ジェネリック医薬品に変更可能となっています。ジェネリック医薬品を希望されるかたは、まずは医師や薬剤師にご相談ください。

『ジェネリック医薬品希望カード』とは

国民健康保険被保険者証と一緒にお渡ししている『ジェネリック医薬品希望カード』を、医療機関等に提示することで、ジェネリック医薬品にしたいという意思表示ができますので、どうぞご利用ください。

おもて うら
おもて うら

ジェネリック医薬品の注意することは

  • 新薬によって、対応するジェネリック医薬品がない場合もあります。
  • 医療機関や薬局によっては、取り扱っていないジェネリック医薬品もあります。
  • 短期処方薬の場合、自己負担があまり変わらないことや高くなることがあります。
  • 病状や治療内容によって、お薬を変更しないことが望ましい場合もあります。

切り替えの際は、医師や薬剤師にご相談ください。

『ジェネリック医薬品利用差額通知』について

お薬代の自己負担の軽減と医療費全体の節減を図るため、新薬からジェネリック医薬品に切り替えた場合の軽減額をお知らせする『ジェネリック医薬品利用差額通知』を実施しています。

実施内容

〔対象者〕
慢性疾患等に用いる薬を長期処方されているかた

〔対象年齢〕
35歳以上

〔差額金額〕
ひと月分の自己負担の差額が200円以上

〔通知時期〕
5月(3月診療分)から3月(1月診療分)まで隔月で6回

〔ジェネリック医薬品利用差額通知コールセンターの設置〕
差額通知に関するお問合せに対応するため、コールセンターを設置しています。
下記フリーダイヤルまでお電話ください。

フリーダイヤル:0120-53-0006
受付時間:平日の午前9時から午後5時(祝日、年末年始は除く)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市福祉部国保医療年金課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5339

ファックス番号:017-734-5337

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?