グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 青森市はこんなまちです > 市長の部屋 > 市長記者会見 > 平成30年度 市長記者会見 > 平成30年度第7回市長記者会見(平成30年7月31日開催)

ここから本文です。

更新日:2018年9月13日

平成30年度第7回市長記者会見(平成30年7月31日開催)

300731記者会見画像

日時:平成30年7月31日(火曜日)13時00分から
場所:市役所第2庁舎2階庁議室

案件:
1.青森ねぶた祭の開催について
2.平成30年度夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会の開催について
3.プロ野球イースタン・リーグ公式戦の開催について
4.浪岡地区の夏のイベント(第33回浪岡北畠まつり、平成30年度(第31回)火の玉探検)の開催について
5.青森市市制施行120周年記念式典の開催について

その他(資料配付のみ)
8月の主な市長日程について

質疑応答

案件

1.青森ねぶた祭の開催について

8月1日の「青森ねぶた祭前夜祭」を皮切りに、いよいよ青森を代表するお祭りである「青森ねぶた祭」が始まります。前夜祭では青い海公園において、囃子コンテストをはじめ、様々なイベント開催されます。また、同じく8月1日には「第70回浅虫温泉花火大会」が行われます。こちらも前夜祭を彩る伝統行事ですので、是非、約4千発の花火を楽しんでいただければと思います。
そして、8月2日から7日には、22台の大型ねぶたが登場いたします。今年の青森ねぶた祭では、運行しているねぶたの位置情報をお届けする「青森ねぶた祭位置情報サービス」を日本語、英語、韓国語、中国語(簡体・繁体)の4か国語に対応してまいります。こうした部分でも訪日観光客の皆様の利便性もさらに高まるのではないかと思います。
また、8月4日には、現在、ねぶたの家ワ・ラッセに展示してございます、千葉作龍先生が制作した竹ねぶた「曽我五郎と御所五郎丸(そがごろうとごしょごろうまる)」が運行することも今年の特徴だと思います。さらに、今年は函館市の皆さんが「函館いか踊り」で青森ねぶた祭に登場する番でございます。私自身が「函館いか踊り」を踊るのは最初になりますが、青森市と函館市は両市の代表的な夏祭りに派遣を交互に行っており、今年度は青函トンネル開通30周年という記念の年でもございまして、函館市の片岡副市長さんがおいでくださいます。約200名になる「函館いか踊り」が展開される予定ですので、今年は青森市民の皆様にも、函館市とのつながりを楽しんでいただけるのではないかと思います。
そして、最終日の8月7日には、青森ねぶたの海上運行、「第64回青森花火大会」と最後まで全力で楽しんでいただければと思います。
なお、青森ねぶた祭は大変暑い時期のお祭りのため、熱中症対策ということで今年の新しい取組として、青森県と地元企業様のご協力で散水車を使用した、「打ち水」をすることとなりましたので、こちらもご報告をさせていただきます。西日本も大変熱射でございますけれども、青森もいよいよ今日も30度近くまでなってございますので、打ち水で少し温度を冷まして、祭りの熱気を盛り上げる踏み台にしていただければと思います。

 

2.平成30年度夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会の開催について

8月10日(金曜日)午前6時から新城中央小学校のグラウンドで開催することが決定いたしました。
これは、昨年度、西部第5区連合町会で開催されたあおもりタウンミーティングにおいて、新城地区にラジオ体操を誘致したいとのご意見をいただいたものですが、NHKに開催を希望したところ実現いたしまして、8月10日(金曜日)の午前6時30分からNHKラジオ第1にて全国に生放送されることとなりました。人気番組にご採用いただいたことに感謝を申し上げたいと思います。なお、雨天の場合は小学校の体育館で開催いたしますので、ご注意いただければと思います。

 

3.プロ野球イースタン・リーグ公式戦の開催について

8月12日(日曜日)青森市営野球場において、プロ野球のイースタン・リーグ公式戦「読売ジャイアンツ対千葉ロッテマリーンズ」を開催します。青森市営野球場でのイースタン・リーグ開催は14年ぶりであり、同球場で初めての読売ジャイアンツのホームゲームとなります。試合当日は、選手のサイン入りグッズが当たるイベントや、チアリーディングなどもございます。試合とともに、そうしたイベントも皆さん楽しんでいただければと思います。既にテレビコマーシャルも始まっておりまして、7月20日から約70回放送します。その他、ポスターやチラシを市内各所へ掲示してまいりますので、是非皆様にもプロの野球を楽しんでいただければと思います。先日、イースタン・リーグ公式戦のPRのために仁志敏久選手と学童野球教室を一緒にさせていただきましたが、たくさんの子どもたちに野球選手のプロの技を見ていただきたいと思います。

 

4.浪岡地区の夏のイベント(第33回浪岡北畠まつり、平成30年度(第31回)火の玉探検)の開催について

今年も8月14日から19日までの6日間「浪岡北畠まつり」を開催いたします。初日14日の「渓流魚手づかみ大会」から始まり、「泣き相撲大会」、それから「ねぶた合同運行」、最終日には、「合同パレード」が行われます。私は昨年同様、最終日19日9時30分から行われる「合同パレード」に参加させていただきますが、当日はねぶたの合同運行、流し踊り、子ども達による太鼓や一輪車など、皆様にお楽しみいただける内容となっております。また、浪岡中学校ブラスバンド演奏などが野外ステージで披露される予定です。
また、翌週の8月25日の夜から26日にかけて、「火の玉探検」というイベントも開催されます。古くから信仰の山とされてきた梵珠山に登山して、お釈迦様の墓に弟子たちの霊が帰ってくるときの後光(ごこう)とされる伝説の「火の玉」の出現を待つものでして、見られるとご利益があると伝えられています。明日から参加募集をするということです。いずれも、非常に歴史情緒あふれる浪岡らしいイベントです。ぜひご参加をください。

 

5.青森市市制施行120周年記念式典の開催について

本市は、明治31年の市制施行以来、本年で120周年となります。年度当初から調整を続け、このたび10月9日(火曜日)午後2時30分からリンクモア平安閣市民ホールで記念式典を開催することとなりました。内容は、配布資料のとおりでございますが、南中学校・沖館中学校の合唱部の皆さんに市民歌を合唱していただきます。さらに、アトラクションが三つございまして、青森市の観光大使である佐藤竹善さん、BLUE TOKYOさんのステージ、それから陸上自衛隊第9師団音楽隊による演奏と、非常に豪華なラインナップになってございます。佐藤竹善さんには100周年の時にも記念式典にご出席いただいた経緯もありますので、引き続きのご出席をお願いしてご快諾いただいたということでございます。
なお、広報あおもり8月15号において、市民の観覧者を募集する記事を掲載する予定です。120周年ですので120名ということで、数に限りはございますけれどもお席をご用意しております。ぜひ皆さんご参加いただいて、青森市市制施行120周年をお祝いいただければありがたいと思います。

 

その他(資料配付のみ)

 

質疑応答

青森ねぶた祭での打ち水について

Q 熱中症対策として散水車で打ち水をするということですが、ねぶたの運行前に行うのでしょうか。
A (経済部理事)運行前に実施したいと思っています。具体的な時間までは、まだ決まっていませんが、夕方くらいをめどに行いたいと思います。

Q 最終日は昼の運行ですが、最終日も打ち水を行うのでしょうか。また、運行直前に行うのでしょうか。
A (経済部理事)最終日も行う予定です。また、運行直前に行なうこととなると思います。

青森市いじめ防止対策審議会について

Q 青森市いじめ防止対策審議会から調査結果についての報告書の答申が8月2日にされることとなりました。先日のご遺族と弁護士の会見で、まだ報告書は出ていないけれども前任の委員による調査の検証をしてほしいという要望をされていました。実際の答申を見てみないと分かりませんが、そのことについて今回の答申に盛り込まれておらず、ご遺族から再検証してほしいという要望があった場合はどのように対応されるお考えでしょうか。
A (市長)今ご質問いただいたこと、あるいは先日の会見でいただいたご要望も踏まえて、報告書をどのような形にするかについて、最終調整中との報告を受けてございます。その内容を見てみないとわかりませんが、そうしたご遺族のご要望やご意見も踏まえて、審議会の会長はじめ、委員の皆様で最終調整をしていただいていると聞いてございますので、それをしっかりと受け止めたいと思います。

Q 今の段階でお話するのは難しいとは思いますが、報告書をご覧いただいて、その後、何かしらの要望があれば、それについてその都度応じていくことになるのでしょうか。
A (市長)基本的にご遺族に寄り添って検討してくださいということで、始めていただいていますので、そうした形でしっかりとご対応いただけると思っております。第三者委員会ですので、第三者としてのご意見を私どもとしても伺っていきたいと思っています。

Q 昨年の12月に委員が交代して、全員が県外のかたとなっています。委員の任期は2年ですが、答申後もこのまま常設の機関として残りの1年半を同じ委員で継続していくのでしょうか。
A (市長)まず今は大きな報告書をまとめていただいておりますので、その後に検討することとなります。8月2日までそれほど日もありませんので、今の段階では、まずそのことについてしっかりと受け止めていきたいと思っています。

Q 8月2日以降にお考えになるということでしょうか。
A (市長)そうですね。

 

ページの先頭へ戻る

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市企画部広報広聴課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5106

ファックス番号:017-734-5103

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?