グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 青森市はこんなまちです > 市長の部屋 > 市長記者会見 > 平成30年度 市長記者会見 > 平成30年度第5回市長記者会見(平成30年6月29日開催)

ここから本文です。

更新日:2018年8月10日

平成30年度第5回市長記者会見(平成30年6月29日開催)

30629記者会見画像

日時:平成30年6月29日(金曜日)13時00分から
場所:市役所第2庁舎2階庁議室

市長コメント:
1.平成30年第2回青森市議会定例会提出を終えて

案件:
1.ハンガリー・ケチケメート市訪問及び英国ポートセールスについて
2.「あおもり100日健康トライアル2018」について
3.カクヒログループスタジアム(青森市民体育館)主競技場の利用再開について
4.「水質・生物調査体験会」及び「むつ湾水系体験会」の開催について
5.青森県交通災害共済組合設立50周年記念式典について

その他(資料配付のみ)
6・7月の主な市長日程について

質疑応答

市長コメント

1.平成30年第2回青森市議会定例会を終えて

今日は平成30年第2回青森市議会定例会の閉会日でございます。補正予算案、条例案など、全てご可決をいただきましたことにつきまして、感謝を申し上げます。

案件

1.ハンガリー・ケチケメート市訪問及び英国ポートセールスについて

平成6年に本市とハンガリー・ケチケメート市は友好交流協定を結び、これまで小・中学生の版画・絵画等の作品交流など教育・文化面での交流を行ってきたところです。
このたび、ケチケメート市様から同市開催の通称「チペロ祭」、正式には「ヨーロッパ未来国際青少年会議」にご招待をいただき、来年度は両市の交流が25周年ということで、青森市の小中学生とともにケチケメート市を訪問させていただきます。ケチケメート市では、青森市の小中学生にねぶた囃子、跳人のパフォーマンスをしていただくほか、日本及び青森の文化をご紹介いただきます。そして、ホームステイを通してケチケメート市の子どもたちや各国の参加者と交流を深めていただきます。なお、来年はケチケメート市の子どもたちが青森に来ていただく予定となっています。
また、私自身はケチケメート市での会議の後、7月4日(水曜日)にイギリスを訪問し、イギリス拠点のクルーズ船社に青森港をPRするトップセールスをさせていただきます。サウザンプトンとロンドンのクルーズ船社3社を訪問し、青森市が港に近い街という優位性や四季を通じた青森の魅力、そして2019年3月にはクルーズターミナルが完成することなど、青森にしかない部分をアピールすることで、アクションプランに掲げた「100隻10万人」の達成を目指してイギリス船社各社を回ってくるというプロジェクトでございます。

 

2.「あおもり100日健康トライアル2018」について

7月1日から10月8日までの100日間、「あおもり100日健康トライアル2018」を行います。これは、ご自身で健康づくりの目標を宣言いただき、各種がん検診や特定健康診査などの受診、あるいはポイント対象となる健康づくりの講座へ参加をしていただくことで、貯めたポイントに応じて様々な賞品に応募いただけるものです。賞品も毎年好評いただいており、HOTELJogakura、蔦温泉旅館、八甲田リゾートホテル、さらには浅虫温泉の南部屋・海扇閣のペア宿泊券をはじめとした大変豪華な賞品をご用意しており、自分が健康になったうえに賞品ももらえるという一石二鳥のプロジェクトになってございます。賞品はご賛同いただいた32の協賛企業の皆様からご提供いただいております。
参加用紙は元気プラザ、市役所本庁舎、駅前庁舎、柳川庁舎、浪岡事務所、各市民センター等にも設置してまいります。
また、夏のラジオ体操もポイントの対象でございますので、ご家族でぜひポイントをゲットしていただいて、賞品も手にしていただければ大変嬉しいと思います。

 

3.カクヒログループスタジアム(青森市民体育館)主競技場の利用再開について

カクヒログループスタジアム、つまり青森市民体育館の主競技場ですが、7月1日(日曜日)午前9時から利用を再開させていただきます。
平成29年10月13日(金曜日)に地下機械室で受水槽内の水が溢れ、電気設備が漏電したことで全館停電となりました。12月1日(金曜日)から一時的に利用を再開させていただきましたが、漏水の恐れがあり、トイレやシャワーなどの給水設備が使用できない状況となっておりました。
平成30年3月から電気設備と給水設備の改修工事、主競技場の床の改修を行うこととなったため、しばらく利用を休止させていただいておりましたが、事業者様のお力も借りて全力で復旧工事に取り組み、7月1日(日曜日)から皆様にご利用いただけることとなりました。電気設備は新しいものに更新し、給水設備も配管等含めて復旧したこと、また、ゆがんでおりました主競技場の床も改修し、より安全に使用しやすい競技場になりましたので7月1日(日曜日)からまたご利用いただければと思ってございます。

 

4.「水質・生物調査体験会」及び「むつ湾水系体験会」の開催について

「むつ湾水系体験会」と、「水質・生物調査体験会」について、本日から市内の各小学校の皆さんにチラシを配布する形で周知を始めます。陸奥湾沿岸の野辺地町、外ヶ浜町、平内町の3か所で実施いたします。青森市の子どもたちが陸奥湾を巡り、陸奥湾の環境保全に関する取組を体感してもらうことが大事だということで始めるプロジェクトでございます。
7月27日(金曜日)が最初の体験会ですが、野辺地町の四ツ森海岸で「水質・生物調査体験会」を行います。浅虫水族館の職員のかたのお力をお借りして、水質調査や生き物の調査などを通じて陸奥湾について学んでいただきます。
それから8月9日(木曜日)、8月20日(月曜日)は、NPO法人あおもりみなとクラブとも連携して「むつ湾水系体験会」を開催し、海の学習を深めていただきます。
まず、8月9日(木曜日)は外ヶ浜町の観瀾山公園海水浴場で海上保安庁の職員の皆様にお力添えいただき、海岸清掃などを行います。8月20日(月曜日)は平内町の茂浦で、陸奥湾のホタテを高温から守る植樹祭実行委員会として平内町で熱心に活動されていらっしゃる永井雄人さんのご指導で植樹体験を行ったり、陸奥湾のホタテのお話をしていただきます。
いずれも、開催地域の小学生の参加も募り、交流を深めながら陸奥湾について学んでいただきます。
6月16日(土曜日)に「むつ湾フォーラムin むつ脇野沢」において、「むつ脇野沢宣言」という形で、陸奥湾沿岸8市町村が力を合わせて環境保全、さらには観光・産業に取り組んでいくという宣言をしたばかりでございます。この体験会もまた、それを体現するものの一つとして進めてまいりたいと思います。今後とも8市町村、また、環境団体・経済団体などの皆様と力を合わせて協議会組織を立ち上げていくという形でつなげていきたいと思っています。

 

5.青森県交通災害共済組合設立50周年記念式典について

「1日1円」のキャッチフレーズ、青森県交通災害共済組合が、昭和43年の設立以来50周年ということで、7月10日(火曜日)午後1時から、リンクモア平安閣市民ホールにおきまして、青森県交通災害共済組合50周年記念式典を開催いたします。
青森市の観光大使でもございます「BLUETOKYO」にオープニングアトラクションを務めていただきます。また、交通災害共済の制度普及者の皆様の表彰のほか、記念イベントとして、青森中心に活動いただく女性デュオグループ「サエラ」のコンサートも予定しています。私も管理者という形で参加いたします。半世紀という大きな節目の年でございますので、これからも青森県交通災害共済組合の普及に努めてまいります。なお、一般のかたも無料で入場でき、「BLUETOKYO」、「サエラ」の歌も楽しんでいただけますので、ぜひおいでいただきたいと思います。

 

その他(資料配付のみ)

 

質疑応答

市議会議員の議員定数削減について

Q議員提出議案の「青森市議会議員定数条例の一部を改正する条例の制定について」が否決されましたが、このことについて市長の所感をお願いします。
A(市長)議会の運営に関わる事柄ですので、私からはコメントは差し控えますが、一般論としては議員の定数も含めて議会のありかたをご議論いただくということは大変良いことだと思います。議場でも色々なご意見がありました。皆様のお話しをお伺いしながら、このように議論を深められることは大変良いことだと思いながら聞いておりました。今後も議論が深まるのではないかと思っております。

ページの先頭へ戻る

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市企画部広報広聴課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5106

ファックス番号:017-734-5103

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?