グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 子ども・教育 > 子どもの権利 > 子どもの権利相談センター > このような相談がよせられています

ここから本文です。

更新日:2015年2月3日

このような相談がよせられています

子どもからの相談事例です

小学生からの相談

何もしていないのににらんでくる子がいる。
先生に相談したけど、またにらんでくる。
やめてもらうには、どうしたらいいのか。

小学生からの相談

親が自分の相手をしてくれない。
「話を聞いて!」と言ったら、「聞いてるでしょ!」と言われてしまった。
忙しいのはわかるけど、もう少し話を聞いてもらいたい。 

小学生からの相談

学校行事で大役を務めてみたいが、引っ込み思案なので挑戦しようかずっと悩んでいる。
勝ち目もないし、選ばれなかったら悲しいと心が揺らいでいる。

中学生からの相談

中学に進学したが、小学生の仲良しの子とクラスが離れ、これから友だちができるのか、クラスになじめるのか心配だ。

中学生からの相談

自分の希望する高校を親に真っ向から否定され、理解してもらえないことへの怒りやむなしさ、担任に相談した際にも気持ちをわかってもらえず、投げやり気味になっている。

中学生からの相談

風邪が治りづらいこと、また、体の変化やあちこちが不調で、気になると我慢ができなくなる。

中学生からの相談

部活で先輩に迷惑をかけているので辞めたい。
他人の言動や反応を気にして思い悩んでいる。

中学生からの相談

周囲の視線が怖い。
褒め言葉も自分をけなしているように感じる。

高校生からの相談

学校での人間関係に嫌気がさし、生きることにむなしさを感じる一方で、ぐちをこぼす自分にも自己嫌悪感を抱いている。

高校生からの相談

授業中に担任と殴り合いになり、学校をやめさせられそう。退学したくない。

学校を続けられるように、相談にのってほしい。

大人からの相談事例です

小学生の保護者からの相談

子どもに対する担任の指導に疑問を感じている。
子どもも、反発からか担任に対する言動が悪くなってきており、今後が心配である。

小学生の保護者からの相談

長男が近所の子にいじめられているほか、子育ての不安、近所とのトラブル、夫との関係など、孤独感や不安感がある。

小学生の保護者からの相談

親に内緒で友だちにおごっていたが、その子たちの親に話したほうがいいのかどうか、また、親として、今後はどのように対応すればいいのかわからない。

小学生の保護者からの相談

親の財布からお金をたびたび抜いている。
追求してもなかなか素直に認めない。
親として当惑し、どう関わってよいかわからない。

小学生の保護者からの相談

優しく論しても子どもが言うことをきかず、大声で叱ってしまう。
毎日がその繰り返しでつらい。
フルタイムで働きながら子育ての責任を一手に引き受け、疲れ果てている。

小学生の保護者からの相談

担任の言葉がきついため、子どもには気持ちを強く持つよう言い聞かせているが、怖がっている様子もあることから、このままでよいのか悩んでいる。

中学生の保護者からの相談


子どもが自分の名前をインターネットで検索したら、掲示板に誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)の書き込みがあり、ショックを受けている。
書き込みがあった頃は、学校でも陰口を言われて悩んでいた時期だったが、誰が書き込んだのかわからない恐怖がある。

中学生の保護者からの相談

長期にわたりいじめがあり、学校に対応をお願いしてきたが、被害はひどくなる一方である。
ただ、子ども本人は「何もしないでほしい」と強く希望している。

中学生の保護者からの相談


誤解を受け、理不尽な目に遭っているが、「逃げたと思われたくない」と登校を続けているので不憫である。

近隣の大人からの相談


近所の子どもが虐待されているもよう。
自分の関わりには限界があるので、公的機関での支援をお願いしたい。

問合せ

所属課室:青森市福祉部子どもしあわせ課

電話番号:017-721-2180

ファックス番号:017-722-2350

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?