グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > くらしのガイド > 住まい > 青森市移住・交流支援サイト > リモートワーク・ワーケーション > 【募集休止中】アオモリ・ワーケーション体験モニター事業

ここから本文です。

更新日:2022年5月6日

【募集休止中】アオモリ・ワーケーション体験モニター事業

 県外のお住いのかたを対象に、5泊6日を上限とした期間で青森市に滞在しながら、リモートワークやワーケーションを体験いただくモニター事業です。

 ※現在募集を休止しております。次回は秋以降に募集を再開する予定です。

対象者

次の全てを満たすかたが対象となります。
(1)青森県外に居住し、かつ住民票の住所も青森県外になっている
(2)現在リモートワークで仕事を行っているまたは仕事の一部をリモートワークで行っている
(3)青森県への移住を検討しているまたは青森県への移住に興味を持っている

参加条件

(1)参加されるかたは、体験終了後1週間以内に、指定の様式でアンケートに回答していただきます。
(2)参加されるかたは、体験後1週間以内に、ワーケーション体験を自身のSNSにハッシュタグ「#アオモリワーケーション」をつけて投稿していただきます。
(3)参加されるかたが、国による緊急事態宣言発令地域またはまん延防止等重点措置適用地域の居住者である場合は、当該発令・適用期間中は参加できません。
(4)青森市内で新型コロナウイルス感染症のクラスターが複数発生し、感染拡大傾向にある場合は、体験事業を中止または中断することがあります。

宿泊施設

下記のいずれかの宿泊施設を選択できます。

■青森公立大学国際交流ハウス(青森市大字合子沢字山崎153-4)
国際交流ハウス外観(切り抜き) 国際交流ハウスリビング(切り抜き) 国際交流ハウスベッドルーム(切り抜き)
          外観                   リビング                 ベッドルーム

浅虫移住体験施設「石木邸」(青森市大字浅虫字内野1-2)
古民家外観 ワークスペース3 古民家和室
       外観        施設内ワークスペース(Wi-Fiあり)           2階和室

体験内容

【リモートワーク体験】※必須
次のいずれかの施設でリモートワーク体験を行っていただきます。

1.AOMORI STARTUP CENTER(青森市新町1丁目2-18 青森商工会議所会館1階) 平日17:00まで
2.seven C's(青森市新町2丁目2-11 東奥日報新町ビル2階) 9:00~19:00
3.青森公立大学国際交流ハウス・地域連携センター
4.浅虫移住体験施設「石木邸」


【交流プログラム・地域サポート体験】※必須
移住者ネットワーク団体または地域団体との交流会などへの参加、または地域のお手伝い業務へ参加。
※体験内容が時期により変更になる場合があるため、参加日程決定後に体験プログラムメニューを送付させていただきます。

【くらしや余暇の体験プログラム】※任意
事務局が用意する下記の体験プログラムの中から1つメニューを選択し、体験することができます。

Aomori Workation体験プログラム  [①リモートワーク 22春夏ver.](PDF:402KB)
Aomori Workation体験プログラム  [③くらし余暇体験 22春夏ver.](PDF:1,1848K)     

 

費用負担

宿泊費・体験費
無料です。

■交通費
体験されるかたの居住地から青森市間の移動に要した経費について、1人当たり1.7万円上限。1組上限6.8万円を助成します。ただし、公共交通機関を利用の場合は<青森駅・新青森駅・青森空港>のいずれかまでの料金、自家用車等を利用した場合は<ガソリン代・高速道路利用料金>のみが対象となります。

■レンタカー借上料
体験モニター参加中にレンタカーを借用される場合は1人1日当たり上限3千円、1組1万円/期間中を上限として助成します。
※レンタカーの手配・支払いは参加者が行うものとします

申し込み方法

参加を希望されるかたは、添付の「1.アオモリ・ワーケーション体験申込書」に必要事項を記入の上、体験希望日の7日前までに下記アドレスまで送信してください。
※事前にメール等でご希望される利用期間の申し込み状況をお問合せいただければ、スムーズにお受付できます

e-mail:newworkstyle@city.aomori.aomori.jp まで

  • リンク集
  • サイトポリシー
  • サイトの使い方
  • アクセシビリティ方針
  • サイトマップ
  • 組織案内