グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 青森市はこんなまちです > 国際・広域交流 > 青森・函館ツインシティ > 青函交流団体インタビュー > 青函交流団体インタビュー[青森ジュニアオーケストラ]

ここから本文です。

更新日:2018年11月22日

青函交流団体インタビュー[青森ジュニアオーケストラ]

【交流団体】函館ジュニア・ドリーム・オーケストラ

Q.青森ジュニアオーケストラについて教えてください。

1976年12月26日に設立しました。
当時、大人のオーケストラ「青森市民交響楽団」が活動していました。
中心となって活動していた指揮者、団長、指導者等が“こどもたちにも音楽を”ということで話が進み誕生のきっかけとなりました。
団員は2016年3月27日現在47名となっております。

[設立目的]
規則 第3条 「このオーケストラは青少年が器楽演奏と合奏を学ぶことにより、音楽への愛情と理解を深め、そのことにより青少年の健全育成を目指すことを目的とする。」

Q.青森ジュニアオーケストラの活動について教えてください。

主な活動は年1回、11月に開いている定期演奏会へ向けての活動です。
また交流を続けている函館ジュニア・ドリーム・オーケストラの定期演奏会への友情出演も大事な活動です。
そのほか「老人福祉施設」への訪問演奏、「団内アンサンブルコンサート」などもあります。

Q.活動を通して、印象深い出来事などは何ですか。

多くの方々の支援を受け、長期間にわたって活動を続けてくることができたことに感謝しています。
もう続けていくことができないという困難を何回も乗り越えてきています。
卒団したメンバーが青森市民交響楽団等、それぞれの場で活躍していることをうれしく思います。
プロの音楽家として海外で活躍している人もいます。

Q.青函交流会事業について教えてください。

函館市の音楽愛好家、函館市文化・スポーツ振興財団の方々が、函館市にもジュニアオーケストラを、と見学視察においでになったのがきっかけで交流が始まりました。
その後、函館にも「函館ジュニア・ドリーム・オーケストラ」が誕生し、2003年よりお互いの定期演奏会に友情出演しあう活動が続いています。
共通の悩み(指導者が少ない、団員が集まらない、一生懸命活動している割には、裾野が広がらない、経済的バックアップがなかなかない、楽器の調達、練習場所の確保が大変等々)をもつ組織としてお互いに学びあい、協力し合うことができています。
函館子どもたちとも仲良くなり、演奏会で再会することを大変楽しみにしています。
今年度は新幹線での移動になります。

Q.青森ジュニアオーケストラの活動に参加したい場合はどうすれば良いですか。

まずは事務局秋元美紀子(団専用携帯電話090-6855-1450)へ連絡ください。
練習の様子の見学、体験演奏等のご案内をします。楽器を始めようとする初心者にも対応しています。

Q.最後に今後の青森ジュニアオーケストラの目標を教えてください。

音楽を愛する心をもつ子どもたちを一人でも増やしていきたいです。
努力・苦労を乗り越え本物の楽しさを手にし、仲間と楽しくアンサンブルできるよう、指導していきたいと思います。

問合せ

所属課室:青森市企画部企画調整課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-2247

ファックス番号:017-734-5129

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?