グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 福祉 > 社会福祉 > 「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」(第十回特別弔慰金)のご案内

ここから本文です。

更新日:2017年4月28日

「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」(第十回特別弔慰金)のご案内

概要

「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」は、先の大戦で公務などのため国に殉じた、もとの軍人、軍属および準軍属の方々に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、一定の日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」、「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」などの受給権がある遺族がいない場合に、残された遺族に対して、「戦没者の遺族に対する特別弔慰金支給法」に基づき、記名国債として支給されるものです。

第十回特別弔慰金については、ご遺族に一層の弔慰の意を表すため、償還額を年5万円に増額するとともに、5年ごとに国債を交付することになりました。

支給対象者と請求期間等

支給対象者

平成27年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等の受給権がある遺族がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給します。

戦没者等の死亡当時のご遺族で

  1. 平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得したかた
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の
    (1)父母
    (2)孫
    (3)祖父母
    (4)兄弟姉妹
    ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順位が入れ替わります
  4. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥・姪)
    ※戦没者等の死亡当時まで引き続き1年以上の生計関係を有していたかたに限ります

支給内容

額面25万円5年償還の記名国債

請求期間

平成27年4月1日から平成30年4月2日まで
※請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金をうけることはできなくなりますので、ご注意ください。

請求に必要な書類等

請求書類等

※福祉政策課及び浪岡事務所健康福祉課に備え付けています。

  1. 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金請求書
  2. 戦没者等の遺族の現況等についての申立書
  3. 第十回特別弔慰金国庫債券印鑑等届出書
  4. 特別弔慰金請求同意書(同順位者がいる場合)

戸籍書類等

「平成27年4月1日(基準日)現在の請求者の戸籍抄本」等、必要な書類がありますが、請求者が過去に特別弔慰金の請求をしたことがあるか等の状況により提出していただく書類が異なります。
詳しくは下記問合せまでご連絡ください。

次のことにご留意ください

  • 請求者が高齢などのため請求書類に自筆できない場合は、ご家族のかたなどに代筆いただくことが可能です(あくまでも対象者の名前で請求します)。
  • 請求者ご本人がお越しいただくことが難しい場合は、ご家族のかたなどが代わって手続を行うことができます。その場合は、請求手続に関する「委任状」を提出していただきます。
  • 対象者が、請求をしないまま平成27年4月1日(基準日)以後に死亡された場合は、その相続人がご自身の名前で請求することができます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市福祉部福祉政策課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5314

ファックス番号:017-734-3013

所属課室:青森市浪岡事務所健康福祉課

青森市浪岡大字浪岡字稲村101-1

電話番号:0172-62-1113

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?