グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 住まい > 建築 > 青森市建築基準法施行細則の一部改正のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2016年6月17日

青森市建築基準法施行細則の一部改正のお知らせ

青森市建築基準法施行細則の一部改正

青森市建築基準法施行細則(以下「施行細則」という。)は、建築基準法(以下「法」という。)と建築基準法施行令(以下「政令」という。)及び建築基準法施行規則の施行について、必要な事項が定められています。

今回、建築基準法の一部を改正する法律が平成28年6月1日より施行されるのに伴い、建築基準法施行令及び地方自治法施行令の一部を改正する政令が公布され、法と同じく平成28年6月1日より施行されました。

この法改正により、従来は定期報告が必要な建築物等を特定行政庁が指定していましたが、安全上、防火上または衛生上特に重要であるものとして政令で定める建築物等は、一律に定期報告の対象とし、それ以外の建築物等については、特定行政庁が指定することとなりました。このことから、青森市建築基準法施行細則に定める定期報告を要する建築物等の指定について、所要の改正を行い平成28年6月1日から施行しました。

主な改正点は以下のとおりです。

定期報告を要する特定建築物

  • 法第6条第1項第1号に掲げる建築物で政令第16条第1項各号に掲げるものを除く特定建築物の規模または階を指定しました。
  • 劇場、映画館または演芸場で、主階が1階にないものは、その用途に供する部分の床面積の合計が100平方メートルを超えるものに限ることとしました。

特定建築物の定期報告

特定建築物の報告時期は以下のとおりです。

  • 政令第16条第1項第1号、第2号及び第4号に掲げる建築物並びに改正後の施行細則第24条の表1の項、2の項、6の項、7の項及び9の項に掲げる建築物は、昭和63年を始期とし、3年ごとの6月1日から11月30日まで
  • 政令第16条第1項第3号に掲げる建築物及び改正後の施行細則第24条の表3の項から5の項までに掲げる建築物は、昭和61年を始期とし、3年ごとの6月1日から11月30日まで
  • 政令第16条第1項第5号に掲げる建築物及び改正後の施行細則第24条の表8の項に掲げる建築物は、昭和62年を始期とし、3年ごとの6月1日から11月30日まで

定期報告を要する特定建築設備等の指定

  • 政令第16条第3項に規定するものを除く特定建築設備等を指定しました。
  • 法に防火設備が追加されたことにより、政令第16条第3項に規定するもの以外の防火設備を指定しました。
  • 法で準用工作物が規定されたため、市による指定はなくなりました。

特定建築設備等の定期報告

特定建築設備等の報告時期は以下のとおりです。

  • 政令第16条第3項第1号に掲げる昇降機、改正後の施行細則第26条第1号に規定する小荷物専用昇降機、政令第138条第2項各号に掲げる工作物(以下「昇降機等」という。)は、毎年の当該昇降機等の設置された日の属する月の応当月
  • 改正後の施行細則第26条第2号に規定する防火設備及び同条第3号に規定する設備等は、毎年6月1日から11月30日まで(防火設備については、経過措置を設けています。)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市都市整備部建築指導課 

青森市柳川ニ丁目1-1  

電話番号:017-761-4526

内線:4543

ファックス番号:017-761-4513

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?