グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 産業・雇用 > 商店街 > 地域商店街活性化法の概要

ここから本文です。

更新日:2019年3月29日

地域商店街活性化法の概要

法律の目的

商店街が「地域コミュニティの担い手」として行う地域住民の生活の利便性を高める試みを支援することにより、地域と一体となったコミュニティづくりを促進し、商店街の活性化を図ることを目的として、平成21年8月に、「商店街の活性化のための地域住民の需要に応じた事業活動の促進に関する法律(地域商店街活性化法)」が施行されました。

法律の特徴

商店街が実施しようとする商店街活性化事業計画が、地域住民のニーズに応じて行う事業であり、商店街活性化の効果が見込まれ、他の商店街の参考となりうるものについては、同法に基づき経済産業大臣の認定を受けることができます。商店街振興組合等(商店街振興組合、商店街振興組合連合会、事業協同組合、事業協同小組合、協同組合連合会等)は事業計画を作成して認定を受けると、補助金等による支援を受けることができます。

法律の趣旨

  • ソフト事業も含めた商店街活動への支援を強化
    (取組事例)高齢者・子育て支援、宅配サービス、地域イベント、商店街ブランド開発
  • 地域のニーズに沿った空き店舗利用を支援
  • 商店街の意欲ある人材を育成・確保
  • 関係省庁・地方公共団体と連携した支援

詳しくはこちらから

経済産業省中小企業庁のホームページ「地域商店街活性化法関連」(外部サイトへリンク)へ移動します。

 

問合せ

所属課室:青森市経済部経済政策課 

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-734-5227

ファックス番号:017-734-5126

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?