グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症の受診等の相談方法・相談先について

ここから本文です。

更新日:2022年9月26日

新型コロナウイルス感染症の受診等の相談方法・相談先について

青森市保健所へのお問合せについて

青森市保健所への電話によるお問合せが増加すると、電話がつながりにくくなり、緊急の患者対応に支障が生じる可能性があります。
青森市保健所にお電話をいただく前に、まずは下記をご確認ください。

また、青森県では「青森県自宅療養者サポートセンター(サポセン)」を開設し、9月5日から運営を開始しております。
「サポセン」におかれましては、パルスオキシメーターの配布、食品セットの受付等を実施しておりますが、本市においては既に実施している取組ですので、従前どおり8:30~18:00までに青森市保健所(電話:017-765-5280)へお問合せください。
なお、「サポセン」は、自宅療養者の体調が悪化した際に電話診療を行うこととしておりますが、青森市民の方が「サポセン」に連絡した場合、本市に転送されますので、本市から連絡いたします。

医療機関を受診し新型コロナウイルス感染症の陽性と診断された方へ

感染症法施行規則の改正により、令和4年9月26月以降に新型コロナウイルス感染症と診断された方は、医師からの発生届の「届出対象」もしくは「届出対象外」に分かれます。
「届出対象」と「届出対象外」のどちらに該当するかは、受診した医療機関にご確認ください。
「届出対象」の方には、青森市保健所から連絡いたしますので、指示に従ってください。
「届出対象外」の方には、青森市保健所から連絡いたしません。こちらの療養期間(PDF:308KB)を満たすまでご自宅で療養していただき、急な体調の悪化等にかかるご相談は青森市保健所(電話:017-765-5282)までご連絡ください。

陽性となった方からの質問

Q 陽性になったが保健所から連絡がこない。
A 新型コロナウイルス感染症患者の全数届出の見直しに伴い、青森市保健所では発生届出対象となる①65歳以上の者、②重症化リスクがあり、かつ新型コロナウイルス治療薬の投与が必要な者又は新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な者、④妊婦 に連絡をしております。
①~④以外の方には、原則、保健所からの連絡はございません。
療養期間中は、外出や周囲の方との接触は避け、自宅でお過ごしください。また、1日2回検温する等、ご自身で健康観察を行ってくださるようお願いします。
難治性糖尿病、難病、がん治療中、COPD、人工透析などの基礎疾患のある方や、妊婦の方は、お手数ですが、青森市保健所感染症対策課に連絡し、申し出てください。
お薬については、市販の飲みなれた解熱剤を服用しても問題ありません。用法・用量をよく確認して使用してください。
ただし、下記のような場合には主治医や薬剤師に相談が必要です。
・ほかの薬を服用している場合や、妊娠中、授乳中、高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下などの治療中の場合
・薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
・激しい痛みや高熱など症状が重い場合や、症状が長く続いている場合
急に症状が悪化した場合は、かかりつけ医にご相談いただくか、青森市保健所にご連絡ください。また、命の危険を感じた場合は、救急要請(119番通報)を行ってください。

陽性者の療養の解除予定日および濃厚接触者の待機解除予定日の目安について(PDF:769KB)

Q 陽性になった後の対応(「何日後に解除になる」「同居の家族はどうなる」)について知りたい。
A 「新型コロナウイルス感染症に感染したときの対応について」のページをご確認ください。

Q 発症日について
A 発熱、咳、喉の痛み、鼻水、鼻づまり、倦怠感等の症状が出現した日、無症状の方は検体を採取した日となります。

Q 抗原検査キットで陽性になった場合について
A 「抗原検査キットで陽性が出た方へのお知らせ」のページをご確認ください。

Q 陽性になったことの証明が欲しい。
A 「新型コロナウイルス感染症に係る各種通知について」のページをご確認ください。

Q 濃厚接触者になったが、自宅待機期間はいつまでになるのか。
A 「本市の濃厚接触者の特定・行動制限及び積極的疫学調査について」のページをご確認ください

発熱等の症状がある場合

新型コロナウイルス感染症の症状(発熱、咳、のどの痛み、頭痛、倦怠感、嗅覚・味覚障がいなど)が有る場合の受診方法は以下のとおりです。

かかりつけ医がいるかた

まずは、かかりつけ医に電話でご相談ください。

相談先のかかりつけ医が対応できる場合

指定された予約時間に受診願います。受診先の医師が必要に応じて検査を実施します。
対応できる医療機関は、県の指定する診療・検査医療機関となります。かかりつけ医が診療・検査医療機関であるかは、下記のリンク先をご参照ください。(公表を希望する医療機関のみ掲載)
青森県庁HP(外部サイトへリンク)※ページ中央の「県から指定を受けた診療・検査医療機関の情報は、こちらをご覧ください。」をご参照ください。

相談先のかかりつけ医が対応できない場合

紹介された他医療機関、または「青森市地域外来」を受診願います。医師が必要に応じて検査を実施します。

かかりつけ医がいないかた

青森市受診相談コールセンターまたは県コールセンター(新型コロナウイルス感染症コールセンター)に電話

青森市受診相談コールセンター
電話番号:017-764-6499
毎日8時30分~18時00分(土日・祝日含む)

県コールセンター(新型コロナウイルス感染症コールセンター)
電話番号:0120-123-801(フリーダイヤル)
24時間受付(土日・祝日含む)

医療機関を案内された場合

案内された医療機関に電話し、指定された予約時間に受診願います。医師が必要に応じて検査を実施します。

陽性者と接触したなどの心配がある場合

青森市受診相談コールセンターへ電話

電話番号:017-764-6499
毎日8時30分~18時00分(土日・祝日含む)

直接、無症状でも検査できる事業者へ予約する場合

検査前に、各事業者に対し、検査の内容、費用、検査結果の通知に要する日数などを確認し、申し込みの上で受検願います。原則、検査費用は自己負担となります。
[PCR検査等無料化事業]無料検査の提供場所(青森県ホームページ)(外部サイトへリンク)

陽性者本人の場合

青森市保健所感染症対策課へ電話

電話番号:017-765-5280

症状を緩和するお薬が不⾜する場合や、症状が強くなってきた場合

オンラインまたは電話による医師との健康相談を行います。詳細は、「自宅療養されているかたへのご案内(PDF:1,449KB)をご覧ください。

更新情報
2022年9月26日、「お問い合わせについて」「医療機関を受診し新型コロナウイルス感染症の陽性と診断された方へ」「陽性となった方からの質問」について内容を更新しました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 感染症対策課 担当者名:調査調整T

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-718-2852

ファックス番号:017-765-5202

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?