グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせ

ここから本文です。

更新日:2022年11月30日

新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせ

 syokaisesshu.png

 ■目次

◎新型コロナウイルスワクチンの接種に関すること
・ワクチン接種状況【New】
・オミクロン株対応ワクチンについて
・18歳以上の接種について
・12歳~17歳への追加接種(3回目)について
・小児接種(5歳~11歳)について
・乳幼児(6か月~4歳)について
・初回接種(1・2回目接種)について

◎市の接種会場に関すること
・個別接種について
・市運営WEB予約システムの開放状況
・集団接種について
・青森県総合健診センター接種日程

◎県の接種会場に関すること
・武田社ワクチン(ノババックス)接種のお知らせ
・広域接種会場設置のお知らせ

◎各種申請に関すること
・接種券の発行申請について
・新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の発行について
・住民票の登録のない自治体で接種する場合について

◎その他
・ワクチンの有効性・安全性について
・接種を受ける際の同意、差別防止について
・予防接種後健康被害救済制度について
・ワクチン接種の費用について

・ワクチンに関するお問合せ先・予約方法
・参考(国からの情報)

 本市におけるワクチン接種状況【New】

  ♦本市におけるワクチン接種状況(11月30日現在)(PDF:212KB) 

 オミクロン株対応ワクチンについて

青森市では、令和4年9月21日(水曜日)よりオミクロン株対応2価ワクチンの接種を開始しました。
9月29日市長会見パネルはこちら(PDF:1,604KB)

接種間隔の短縮について

(外部サイトへリンク)

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会の審議により、ファイザー社とモデルナ社の新型コロナウイルスワクチン追加接種の接種間隔を、これまでの「前回接種から少なくとも5か月以上の間をあける」とされていたところ、「5か月以上」から「3か月以上」に短縮されました。

対象者

初回接種(1・2回目)を完了した12歳以上全ての方

使用ワクチン

ファイザー社およびモデルナ社のオミクロン株と従来株に対応した2価ワクチン
※モデルナ社ワクチンは18歳以上のみ可

接種間隔・接種券発送時期

前回接種日から3か月経過後に接種可能
接種券発送スケジュール
sesshuscadule.png
 ◎接種対象者フロー図
対象者フロー

接種体制

個別接種および集団接種を実施

 個別接種について

市内99医療機関にて実施
予約方法等が医療機関によって異なります。
実施医療機関(PDF:646KB)をご確認ください。

市運営WEB予約システムの開放状況

【新規予約枠開放】11月16日(水曜日)9時から
オミクロン株対応ワクチンの予約枠(12月分)を開放しています

▼個別接種
・朝倉医院
・おきつ内科
・高内科小児科医院
・剛整形外科医院
・斉藤内科小児科医院
・虹ヶ丘クリニック
・村上新町病院
・南内科循環器科医院
▼集団接種
・青森県総合健診センター
・ホテル青森

予約はこちら(外部サイトへリンク)から

 集団接種について

市運営大規模集団接種について

ホテル青森にて実施します。スケジュールは下記の通りです。
hotelaomori.PNG

 青森県総合健診センター(集団接種)日程について

12月の接種予約を受け付けています。
接種予定日カレンダーはこちら(PDF:595KB)

 乳幼児(6か月~4歳)接種について

青森市では、10月27日(木曜日)から対象者に個別通知を送付しています。

対象者

生後6か月以上4歳(5歳の誕生日の前々日)以下の方

接種回数

3回(初回接種)
※現段階の予防接種の実施期間(令和5年3月31日)までに初回接種を完了するためには、
 1回目の接種を令和5年1月15日までに受ける必要があります。

接種するワクチン

乳幼児用ファイザー社ワクチン(mRNAワクチン)

※本剤は、本邦で特例承認されたものであり、承認時において長期安定性に係る情報は限られているため、製造販売後も引き続き情報を収集中であり、予防効果の持続期間は確立していません。

接種間隔

  • 2回目接種⇒1回目接種から通常3週間後
    ※原則20日(18日以上)の間隔をおいて接種可能
  • 3回目接種⇒2回目接種から少なくとも8週間
    ※55日以上の間隔をおいて接種可能

接種方法

 接種券の発行申請について

下記に該当する方は、接種券の発行申請が必要となります。
申請が必要かどうか上記フロー図を確認してください。

接種券の発行申請が必要な方

前回の接種日時点で、住民票が青森市外であった方(海外含む)
・紛失、滅失、破損等した場合
・医師の診察において「予診のみ」で使用した場合

※上記の方以外でも、接種記録が確認できない等の理由で接種券が発行されないことがあります。
接種可能な時期になってもお手元に届かない場合は、コールセンター(017-764-6539/017-752-0517)へ
お問合せください。

申請方法

必要書類

1.<申請書>※郵送・ファックスでの申請の際は必要です
新型コロナワクチン接種券発行申請書(1~5回目共通版)(PDF:92KB)

2.<記録書>
全ての接種券申請において、申請する接種回数より以前の接種記録がわかるものの写し

オンライン申請

こちらから▶▶▶青森市電子申請・届出サービス(外部サイトへリンク)

郵送・窓口申請

必要書類を下記まで郵送または持参してください
〒030-0962青森市佃2丁目19番13号
青森市保健所感染症対策課ワクチン接種運営チーム
※封筒に赤字で「接種券発行申請書在中」と記載してください

ファックス申請

必要書類を下記まで送信してください
017-718-2867
※総ページ数がわかるように各ページに番号を記載してください

申請受理後、申請内容に不備等がなければ1週間を目安に発行いたします。
▲目次へもどる

 住所地外での接種

里帰り妊産婦、単身赴任、下宿中の学生、DV、ストーカー行為、児童虐待等で避難している等の事情があり、住民票の置いていない自治体で接種を受ける場合は接種を希望する自治体で「住所地外接種届」の届出が必要です。

届出方法

【必要書類】
住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)(PDF:116KB)
・住所地から届いた接種券の写し
・住所、氏名の記載のある本人確認書類(免許証や健康保険証)の写し
新型コロナウイルスワクチン接種券に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書(PDF:54KB)

住所地外接種のうち入院・入所者、基礎疾患を持つかたが主治医の下で接種する場合、災害による被害にあったかた、勾留または留置されているかた、受刑者等に該当するかたは届出不要です。

【WEB】コロナワクチンナビ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
※必要書類の提出はありません
【郵送】必要書類を送付してください
〒030-0962青森市佃2丁目19番13号
青森市保健所感染症対策課ワクチン接種運営チーム
※封筒に赤字で「住所地外接種届在中」と記載してください
【ファックス】必要書類を017-718-2867まで送信してください

▲目次へ戻る

 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の発行

接種証明書は、予防接種法に基づいて実施された新型コロナウイルスワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、被接種者からの申請に基づき交付するものです。
以下の3つの方法により、発行されます。

1.アプリ
マイナンバーカードをお持ちのかたは、ご自身のスマートフォンで専用アプリ「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をダウンロードして、電子版の接種証明書が取得できます。

hakkoudekimasu
新型コロナワクチン接種証明書アプリ/デジタル庁(外部サイトへリンク)

AppStore(iOS)GooglePlay(Android)
iphoneandroid

2.コンビニでの交付
令和4年7月26日から、マイナンバーカードをお持ちのかたは、コンビニで取得できるようになりました。

サービス開始日時
令和4年7月26日(火曜日)6時30分開始、同日以降、毎日6時30分~23時00分で取得可能

利用可能なコンビニ等の事業者
コンビニ等の事業者一覧(PDF:796KB)【New】

利用に必要なもの
マイナンバーカード、証明書発行手数料(1通あたり120円)

21

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(コンビニでの取得方法)(PDF:1,442KB)

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(接種証明書)について(外部サイトへリンク)


3.紙による交付
アプリとコンビニでの交付以外を希望する場合は、下記の方法で紙による申請を行ってください。
なお、日本国内での利用の場合は、次の2点によりワクチン接種済であることを示すことができますので、接種証明書の申請をする必要はありません。
(1)医療従事者のかたは「新型コロナワクチン接種記録書」
(2)医療従事者以外のかたは接種券の台紙右側に付属する「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」

申請方法

【必要書類】
次の書類を全て下記の郵送先に郵送してください。
※海外渡航用/日本国内用で必要書類や用途が異なりますので注意してください。

《海外渡航用》
新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(PDF:115KB)
・旅券の写し(旅券番号、顔写真等が載っているページの写し)
・「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」の写し
※接種券の台紙右側に付属しています。紛失した場合は不要。
・(医療従事者等の場合)「新型コロナワクチン接種記録書」の写し
※接種券が送付される前に接種を受けたかたにお渡ししたものです。紛失した場合は不要。
・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)の写し
※氏名・生年月日が記載されている面と、住所が記載されている面の両方の写しが必要です。
※代理人が申請する場合は代理人のかたの本人確認書類も必要です。
・返信用封筒(定型封筒に宛先を記入し、84円切手を貼付してください。)

代理人による申請の場合〉
委任状(PDF:42KB)
・代理人分の本人確認書類(健康保険書、運転免許証、マイナンバーカード等)の写し

〈旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合〉
・旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書の写し

《日本国内用》
新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(PDF:115KB)
・「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」の写し
※接種券の台紙右側に付属しています。紛失した場合は不要。
・(医療従事者等の場合)「新型コロナワクチン接種記録書」の写し
※接種券が送付される前に接種を受けたかたにお渡ししたものです。紛失した場合は不要。
・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)の写し
※氏名・生年月日が記載されている面と、住所が記載されている面の両方の写しが必要です。
※代理人が申請する場合は代理人のかたの本人確認書類も必要です。
返信用封筒(定形封筒に宛先を記入し、84円切手を貼付してください。)

代理人による申請の場合〉
委任状(PDF:42KB)
・代理人のかたの本人確認書類(健康保険書、運転免許証、マイナンバーカード等)の写し

【郵送先】返信用封筒を忘れずに封入してください。
〒030-0962
青森市佃2丁目19番13号
青森市保健所感染症対策課ワクチン接種運営チーム
※封筒に赤字で「接種証明書申請書在中」と記載してください

注意事項

接種時に青森市に住民票があり、青森市が発行した接種券を使用して接種されたかたが対象です。
・「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」や「新型コロナワクチン接種記録書」を紛失している場合、接種記録の確認に時間を要するため、発行まで数か月かかる場合があります。
・書類に不備があった場合に、申請者や代理人に連絡をする場合があります。申請書には必ず連絡先(平日の日中に連絡がつく携帯電話番号等)を記載してください。
・証明書発行は、接種記録を確認するため、申請から発行まで時間を要する場合があります。余裕をもって申請するようにお願いします。

▲目次へ戻る

 武田社ワクチン(ノババックス)接種のお知らせ

県では、武田薬品工業株式会社が米ノババックス社から技術移管を受けて生産・販売する組替えタンパクワクチンの接種を実施します。
実施期間:令和4年6月27日(月曜日)~令和5年3月7日(火曜日)
詳細は県ホームページをご覧ください。▶▶https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/hoken/covid_19-vaccine_novavax.html

【参考(厚生労働省)】
武田社(ノババックス)ワクチンについてはこちら(外部サイトへリンク)

 青森県広域接種会場設置のお知らせ

県では、オミクロン株対応ワクチン(モデルナ社)を使用した集団接種を実施します。
実施期間:令和4年11月5日(土曜日)~令和4年12月18日(日曜日)
詳細は県ホームページをご覧ください。
▶▶https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/hoken/covid19-vaccine.html

 接種を受ける際の同意、差別防止について

ワクチン接種は強制ではありません。
ワクチンは本人の同意の上で接種します。
接種による効果や副反応塔について、かかりつけ医と相談し、接種をするかどうか決めましょう。
体質や持病などの理由で接種できないかたもいるため職場や周りのかたなどに接種を強制したり、
接種を受けていない人に差別的な扱いをしてはいけません。

新型コロナウイルス感染症に関連する人権相談

新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭ったかたからの人権相談については、青森地方法務局に設置されている下記の相談受付へお問合せください。
・「みんなの人権110番(青森地方法務局)」0570-003-110(月~金8時30分~17時15分)
※土日・祝日・年末年始を除く
「法務省インターネット人権相談窓口」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 新型コロナワクチンの効果と副反応

ファイザー社製ワクチン(mRNAワクチン)、武田モデルナ社製ワクチン(mRNAワクチン)、アストラゼネカ社製ワクチン(ウイルスベクターワクチン)全てにおいて本邦で特例承認されたものであり、承認時において長期安定性に係る情報は限られているため、製造販売後も引き続き情報を収集中であり、予防効果の持続期間は確立していません。なお、臨床試験の概要については下記の詳しい情報をご覧ください。
一般的に、ワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。治療が必要になったり、障がいが残るほどの副反応は極めてまれですが、ゼロではありません。

【参考(厚生労働省)】
・ファイザー社の新型コロナワクチンについてはこちら(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
・武田/モデルナ社の新型コロナワクチンについてはこちら(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
・アストラゼネカ社の新型コロナワクチンについてはこちら(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 予防接種後健康被害救済制度

予防接種では、健康被害が起こることがあるため、救済制度が設けられています。
新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済(医療費・障がい年金の給付など)を受けることができます。
予防接種後健康被害救済制度について(PDF:1,541KB)

【参考(厚生労働省)】
予防接種後健康被害救済制度の詳細はこちら(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

▲目次へ戻る

 初回接種(1-2回目)について

対象者

12歳以上

使用ワクチン

ファイザー社ワクチン(mRNAワクチン)
武田/モデルナ社ワクチン(mRNAワクチン)
アストラゼネカ社製ワクチン(ウイルスベクターワクチン)※令和4年9月30日をもって終了しました。
武田社ワクチン(ノババックス)

初回接種の早期実施について

syokai.png(外部サイトへリンク)
従来型ワクチン接種は、青森県総合健診センターで実施しています。
初回接種(1・2回目)を希望するかたは早めにご予約をしましょう。

 10代・20代男性のファイザー社製ワクチン接種選択について(交互接種)

10代、20代の男性では、新型コロナワクチン接種後に、武田/モデルナ社製のワクチンより、ファイザー社製のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向があります。
そのため、10代、20代の男性で、1回目に武田/モデルナ社製のワクチンを接種したかたのうち、2回目としてファイザー社のワクチンを希望する場合は、予約を取り直していただければファイザー社のワクチン接種を受けることができますので、希望されるかたは青森市新型コロナワクチン接種専用コールセンターにご相談ください。また、市運営WEB予約でも受け付けております。
<青森市新型コロナワクチン接種専用コールセンター>
・電話017-764-6539または017-752-0517
受付時間9時00分~18時00分(月~土)※祝日は除く
・ファックス017-718-2867(聴覚障がいのあるかた専用)
・WEB予約はこちら(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

2回目にファイザー社ワクチン接種を希望される場合は、1回目の武田/モデルナ社製ワクチンを接種された日から27日以上の間隔をあける必要があります。

【参考(厚生労働省)】
(リーフレット)新型コロナワクチン接種後の心筋炎・新膜炎について(PDF:561KB)

 ワクチン接種の費用について

全ての方が無料です。(全額公費負担)
【注意】新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください!
ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。
新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。
困ったときは、一人で悩まず、消費者ホットライン188(局番なし)にご相談ください。

 ワクチンに関するお問合せ先

青森市新型コロナワクチン接種予約システム

banner_720_200_blue.png
(外部サイトへリンク)

青森市新型コロナワクチン接種専用コールセンター

電話番号:017-764-6539または017-752-0517(通話料がかかります)
・受付時間:9:00~18時00分(祝日を除く、月曜日~土曜日)
・聴覚に障がいのあるかたは、ファックス(017-718-2867)でお問合せください。
◆聴覚障がい者専用追加接種予約票(ファックス送信票)(PDF:676KB)

青森県新型コロナワクチン相談電話

電話番号0570-012-018(通話料がかかります)
・受付時間9時~17時(平日のみ)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号0120-761-770(フリーダイヤル)
・受付時間9時~21時(土日・祝日も実施)

 厚生労働省の「よくある質問と回答」

厚生労働省「新型コロナワクチンについてのQ&A」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

▲目次へ戻る

 その他関連情報

▲目次へ戻る

更新情報
2022年11月30日、ワクチン接種状況について更新しました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 感染症対策課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-718-2852

ファックス番号:017-765-5202

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • リンク集
  • サイトポリシー
  • サイトの使い方
  • アクセシビリティ方針
  • サイトマップ
  • 組織案内