グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 福祉・健康 > 介護保険 > お知らせ > 公費負担医療対象者の高額介護サービス費等の追加支給について

ここから本文です。

更新日:2022年3月31日

公費負担医療対象者の高額介護サービス費等の追加支給について

介護保険には、介護サービスを利用した際、1か月に支払った自己負担額の合計額が一定の上限額を超えたときに、超えた分を市が要介護被保険者に支給する制度(高額介護サービス費)があります。

このたび、公費負担医療対象者の高額介護サービス費の算定システムにおいて、高額介護サービス費等の追加支給を要する事例が判明しました。

概要

他自治体において、公費負担医療対象者の自己負担額の追加支給を要する事例が報告されたため、市においても確認を行ったところ、同様の事例が見つかりました。

介護保険システムで高額介護サービス費を算定する際、公費負担医療対象者が訪問看護等の介護サービスを利用した時の自己負担額を他の介護保険サービスの自己負担額に含めず計算していたため、支給額に不足が生じました。

追加支給対象

 対象期間:高額介護(予防)サービス費
 令和2年3月~令和4年1月サービス利用分
 高額介護予防サービス費相当事業費
 平成29年3月~令和4年1月サービス利用分 

今後の対応

  1. 介護保険システムを改修し対象者を確定させた上で、高額介護サービス費等を少なく支給していたかた及び支給していなかったかたを確定し次第、追加支給についての案内を通知します。
  2. 他の制度への影響がないか、算定の確認や調査を継続し、追加支給が必要となる場合は、速やかに必要な対策を講じます。
  3. 制度改正等に伴うシステム改修にあたっては、適用条件の確認を確実に行うとともに、検証作業におけるチェックを強化することにより、再発防止に努めます。 

問合せ

所属課室:青森市福祉部介護保険課 担当者名:給付チーム

青森市新町一丁目3-7 駅前庁舎1階

電話番号:017-734-5362

ファックス番号:017-734-5355

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?