グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市政情報 > 情報公開 > 人事・給与 > 職員採用等募集案内 > 青森市職員に関するQ&A

ここから本文です。

更新日:2017年5月18日

青森市職員に関するQ&A

Q 採用試験に合格した後の採用までの流れは、どうなっていますか?

A 青森市職員採用試験に合格(合格通知を郵送)すると、採用候補者名簿に登載されます。その後、採用が決定次第、順次採用決定通知が送付されます。

Q 配属や異動については、どのようになっていますか?

A 事務職の採用者は、本庁内の市民課や税務、福祉関係の窓口業務などを中心に配属されます。その後おおむね3年のサイクルで本人の希望も考慮の上、人事異動により他の部署へと配属されます。また、技術職の場合には、事務職よりサイクルが長めになっていますが、基本的には事務職と同様になっています。

Q 給与は、どのようになっていますか。

A 初任給は下記のとおりです。なお、職歴・学歴などにより加算措置があります。昇給は原則として毎年1回行います。
(※平成29年4月1日現在)

◇初任給
  • 事務、技術職(大学卒):178,200円
  • 事務、技術職(高等学校卒):146,100円
  • 消防職(大学卒):204,100円
  • 消防職(高等学校卒):164,900円
  • 医療職(獣医師、薬剤師)大学卒:184,400円・6年制大学卒:206,800円
  • 医療職(保健師)短大卒:195,900円・大学卒:208,000円
  • 医療職(診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士等)短大卒:173,200円
  • 医療職(看護師)短大(2年)卒:187,600円
◇期末・勤勉手当
  • 6月・12月支給(合わせて4.05月)
◇その他手当
  • 扶養手当、通勤手当、住居手当、寒冷地手当など、家族状況や勤務形態に応じて支給されます。 

Q 勤務時間・休日・休暇については、どのようになっていますか?

A 基本的な勤務時間(一部施設除く)は下記のとおりです。

  • 勤務時間:8時30分~17時00分
  • 休憩時間:12時00分~12時45分
  • 休日:毎週土・日曜日、祝日、年末年始(勤務場所により異なることもあります。)
  • 年次有給休暇:1年間に20日(残日数は20日を限度として翌年度に繰越できます。)
  • その他の休暇等:結婚休暇、夏季休暇などの特別休暇や育児・介護休業制度など

Q 福利厚生制度については、どのようになっていますか?

A 職員の健康管理のため各種検診、人間ドックなどを実施しているほか、保養施設利用助成、給付、貸付など各種制度があります。

Q 人材育成は、どのように行っていますか?

A 職員は、組織が成果をあげ続けていくための重要な資源であり、財産です。職員が成長することは本市の財産価値が上昇することであり、その利益は市民にも還元されることとなります。そのため、組織や職員がその能力開発・伸長に真摯に取り組むことは、行政サービス向上のための最も基礎となりますので、本市では『青森市人材育成基本方針』を定め、真の「財産たる職員=人財=人材」を育成することとしています。この基本方針に基づく研修をはじめとした各種の取組により、職員一人ひとりの能力開発を支援しています。

青森市人材育成基本方針

Q 研修制度は、どのようになっていますか?

A 研修は、職員として必要となる能力の開発・伸長には最も直接的・効果的な手段となりますので、新採用職員・リーダー・管理職員などそれぞれの職層に求められる能力の開発や知識の習得に重点を置いた「必修研修」、成長段階、知的好奇心やキャリアアップ・プランなどのニーズに合わせて職員自身が選択して受講できる「自己啓発研修」、庁内公募等により国の省庁や各種関連団体などへ中長期的に派遣する「派遣研修」を用意し、OJT(職場研修)・Off-JT(職場外研修)を通じてバランスよく、段階的、計画的に必要なスキルを身につけ、自己実現にも積極的に取り組めるような環境を整えています。

問合せ

所属課室:青森市総務部人事課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5093

ファックス番号:017-734-5091

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?