グローバルメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市民の声 検索 > 市民の声 検索結果 > 市民の声 青森駅周辺整備について

ここから本文です。

市民の声 青森駅周辺整備について

受付年月日 2017年5月12日
性別
年代
テーマ 青森駅周辺整備について
分野 都市整備・道路
提言内容(要約)  青森駅周辺は、かつて北海道との交通の玄関口といわれ賑わっていたが、青函連絡船の廃止や新幹線が開通し新青森駅が出来てから、青森駅の存在が薄れてきているような感じがする。
 現在青森駅に入る列車はどの位あるのだろうか。
 駅構内の不使用の線路はどの位あるのだろうか。
 これらを整理すれば相当な土地が生まれるだろうと思う。
 この際、新町通りと沖館を結ぶ道路を建設して、青森駅はラビナと並行して新しく建設したらいかがでしょう。今のままでは発展が望めません。青森駅がラビナを並行して建設した場合、現在計画している東西連絡通路が不要となり、青い森鉄道と奥羽本線、海峡線の乗降口が駅入り口から直接改札を通り、列車に乗れるというバリアフリー化した楽な駅になると信じます。
 駅前には広大な土地が生まれるので、一大バスターミナルを建設し、観光バスの発着の基地にする。
回答内容(全文)  青森駅は、現在においても、東北新幹線新青森駅開業前と変わらず、1日に約140本の列車の発着があるなど、本市の重要な交通拠点となっています。JR東日本によると、駅構内にある線路は列車の入れ替えなど、ダイヤの維持のために必要な施設として使用している状況であるとのことから、ご意見の場所への道路や駅の整備については困難と考えられます。
 また、バリアフリー化とバスターミナルの整備については、現在、JR東日本等と協力し、東西市街地分断の解消を目的としたバリアフリー対応の自由通路を整備するとともに、青森駅西口を自動車やバス等の多様な交通手段に対応するターミナルとして整備することとしております。


【担当課:都市整備部都市政策課】
回答日 2017年6月12日

戻る