グローバルメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市民の声 検索 > 市民の声 検索結果 > 市民の声 下水道整備について

ここから本文です。

市民の声 下水道整備について

受付年月日 2018年6月19日
性別
年代
テーマ 下水道整備について
分野 都市整備・道路
提言内容(要約)  5月下旬上下水道課にトイレ水洗化工事について話を聞きに行きました。工事についていくらくらいかかるのか聞いたところ、それはお客様が業者と話をして見積もりを取ってくださいとのことでした。下水道が通ってから何年くらいで設置を推進しているのか聞いたら3年くらいで、できない場合は何年でも家のリフォームや新築の時にでもとのこと。市の補助を利用しなくても、市の指定業者でなければならず、工事の申請を市にするだけで18万円以上かかるとのこと。水洗化するには13mmから20mmの管に替えなければならず、そのためにはお金がかかること。これでは市として衛生面のために水洗化を推進しているのか疑問があります。業者と市の天下り会社が利益を得るシステムになっているのではないか。市の指定業者であれば、市で金額を指定してもっと水洗化を推進してほしい。他市でも申請に多額のお金が掛かるのか。上下水道課の説明は市の決まりとの答えで不愉快な気持ちで帰ってきました。
 合併後、庁内の人が全体的に暗く相談しづらい雰囲気になっている気がします。
回答内容(全文)  このたびは当課窓口におきまして十分な説明ができず、ご不快な思いをおかけしたことに対してまして、心からお詫び申し上げます。本回答により改めてご説明させていただきます。
 くみとりトイレを水洗化するための排水設備工事の施工業者につきましては、青森市下水道条例におきまして、排水設備等の工事は融資あっせん制度の利用有無にかかわらず、指定排水設備業者でなければ行ってはならないと規定いたしております。
 これは、一定の技術水準を満たさない事業者が排水設備工事を行った場合には、汚水が流れにくくなって排水管が詰まり、更には、下水道処理施設に損傷を与えるおそれがあるため、市が事業者の施工能力等を審査し、認定した市の指定業者以外には排水設備工事を行ってはならないとしているものであります。
また、市の指定事業者となるための申請に当たりましては、審査手数料として6,000円を事業者にお支払いいただいております。
 なお、他都市におきましても、適正な排水設備工事の施工を確保することを目的として、業者の指定を行うとともに、審査(認可)手数料の徴収を行っております。
 排水設備工事の費用につきましては、使用する配管材料及び器具及び工事施工場所の状況等により大きく変動するため、市が一概に標準的な金額をお示しすることはできませんので、市の指定業者に対して見積りを取っていただくようお願いしております。
 排水設備工事の施工後におきましては、使用材料や施工が適正かどうかを確認する現地検査等に係る経費として、工事検査手数料(工事費の0.7%、20,000円を上限)を建物の所有者にご負担いただいております。
 水洗化に当たり、水道の給水栓の数(蛇口の数等)を7個以上とする場合には、水道の指定業者に依頼し、水が出にくくならないか計算をしていただき、水が出にくくなるようであれば、水道引込管と水道メーターをこれまでの13mmから20mmに交換するための工事を別途行う必要があります。
また、水道加入金につきましても、メーター口径13mmの加入金と20mmの加入金の差額をご負担いただくことになります。
 排水設備工事の期限につきましては、下水道法におきまして、下水道が整備された区域内にある建物の所有者はくみとり便所を水洗便所へと3年以内に改造しなければならないと規定されております。
 しかしながら、水洗化に当たりましては、工事費や工事検査手数料等の経済的な負担が発生することから、各家庭の多様なご事情により早期に水洗化することが困難なことも考えられます。
 このため、市では、期限を定めての水洗化の指導は行わず、未水洗化家屋への訪問等による水洗化の啓発を行っているところであります。
 本回答で、ご疑問・ご不明な点がございましたら、お手数ですが改めて窓口にご相談くださいますようお願い申し上げます。何卒、水洗化による生活環境の向上にご理解とご協力をお願い致します。


【担当課:浪岡事務所上下水道課】
回答日 2018年7月9日

戻る