グローバルメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 市民の声 検索 > 市民の声 検索結果 > 市民の声 津軽笑っせ劇場の復活を

ここから本文です。

市民の声 津軽笑っせ劇場の復活を

受付年月日 2018年4月16日
性別
年代
テーマ 津軽笑っせ劇場の復活を
分野 商工業・雇用・観光・農林水産
提言内容(要約)  津軽笑っせ劇場は補助金がなくなり、終了したとのことですが、復活をお願いします。青森にいながら、民謡、三味線を聴く機会がほとんどなくなりました。
回答内容(全文)  青森の風土が育んだ津軽三味線、津軽民謡、津軽手踊りなど、「津軽伝統芸能」は市民共有の財産であり、観光資源でありますが、芸能保持者の高齢化や少子高齢化による後継者不足、また披露の場が少ないといった課題があるため、各流派間の連携や組織化、芸能を披露する機会の増加、さらに認知度の向上を図り、若年層のファンを拡大することを目的に、平成26年2月から平成29年3月まで「津軽笑っせ劇場」を実施したものであります。
 本イベント実施に当たっては、出演者間の意見交換により様々な趣向を凝らした演目を披露するなどしましたが、毎月公演により多額の経費が投入されていたものの、固定客が半数を占めるような公演が続き、観光資源として新規ファン層の拡大や域外からの誘客促進、伝統芸能を発表する機会の広がりなどの効果が見られなかったため、本事業を終了したものです。
 今後は、「津軽笑っせ劇場」の実施により培った各流派や伝統芸能の様々な分野の連携を活用し、新たな発表の場や芸能を披露する機会の増加に向け、芸能保持者などが自主的に取り組んでいくことが必要であると考えます。
                                   
【担当課:経済部観光課】
回答日 2018年6月6日

戻る