グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 難病等 > 慢性疲労症候群(CFS)

ここから本文です。

更新日:2017年11月7日

慢性疲労症候群(CFS)

慢性疲労症候群(CFS)とは

慢性疲労症候群は(Chronic Fatigue Syndrome:CFS)は、健康に生活していた人がある日突然原因不明の激しい倦怠感に襲われ、それ以降、強度の疲労感とともに、微熱、頭痛、脱力感、思考力の障害、抑うつ等の精神神経症状が長期にわたって続くため、健全な社会生活が送れなくなるという病気です。この病気について様々な研究が行われていますが、現在のところはっきりとした治療法は確立していません。

慢性疲労症候群に関する情報やイベントは関連リンクからご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 保健予防課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-765-5282

ファックス番号:017-765-5202

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?