グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 食品衛生 > 食品関係営業許可と届出

ここから本文です。

更新日:2015年6月12日

食品関係営業許可と届出

食品の製造、加工、調理、販売等の営業を行う場合、飲食店営業をはじめとした公衆衛生に及ぼす影響の著しい業種(34業種)については、食品衛生法に基づく営業許可を受ける必要があります。
新たに食品に関する営業を始める際には、営業許可について事前に保健所にご相談ください。
建築物内における一般的な営業のほか、イベントに付随して出店する臨時営業や自動車による営業も営業許可の対象となります。

なお、学校、社会福祉施設、町会などで年に1回行われる「営利を目的としていないイベント」(学校の文化祭、町会の盆踊り大会など)においては営業許可の対象とならない場合がありますが、「臨時飲食店出店届出書」により保健所に届出を行う必要がありますので、事前に保健所にご相談ください。

許可が必要な業種(34業種)

飲食店営業、喫茶店営業、菓子製造業、あん類製造業、アイスクリーム類製造業、乳処理業、特別牛乳搾取処理業、乳製品製造業、集乳業、乳類販売業、食肉処理業、食肉販売業、食肉製品製造業、魚介類販売業、魚介類せり売営業、魚肉ねり製品製造業、食品の冷凍または冷蔵業、食品の放射線照射業、清涼飲料水製造業、乳酸菌飲料製造業、氷雪製造業、氷雪販売業、食用油脂製造業、マーガリンまたはショートニング製造業、みそ製造業、醤油製造業、ソース類製造業、酒類製造業、豆腐製造業、納豆製造業、めん類製造業、そうざい製造業、缶詰または瓶詰食品製造業、添加物製造業

営業許可の取得までの手続の流れ

  1. 事前相談
    営業の内容・形態に応じて、取得するべき許可業種の確認等を行います。
    ご相談の際には、申請する施設が基準に適合しているかどうかを確認するため、施設の平面図(レイアウト図)をお持ちいただくと便利です。
  2. 営業許可申請書提出
    業種に応じた許可申請手数料が必要となります。
    申請書の提出とともに、施設の現地確認の日取りを決定します。
    ※法人として申請する場合、登記事項証明書の写しが必要です。
    ※井戸水等を使用する施設の場合、水質検査成績書の写しが必要です。
  3. 施設の現地確認
    施設が申請書のとおりか、施設基準に適合しているか等について確認します。
    ※営業者(代理可)が立会いしてください。
  4. 営業許可証の交付
    営業許可証の交付(営業許可有効開始日の決定)後に営業が可能となります。

※申請の際は、営業開始予定日の10日前までには営業許可申請書を提出してください。

集団給食施設における届出

営業以外の場合で、学校、病院その他の施設において、継続的に不特定または多数の者に食品を供与する場合は、給食報告書により保健所に届出を行ってください。
※集団給食施設であっても、外部の事業者に給食の調理行為を委託するなど、営業許可の対象となる場合がありますので、保健所にご確認ください。

申請・届出に係る各種様式

営業許可の申請、集団給食施設の届出等に係る各種様式は、ページ下の関連リンクよりご参照ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 生活衛生課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-765-5293

ファックス番号:017-765-5283

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?