グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 難病等 > 脳脊髄液減少症

ここから本文です。

更新日:2016年3月14日

脳脊髄液減少症

交通事故やスポーツ外傷等による頭部や全身への強い衝撃で、脳脊髄液が漏れだし減少することによって、頭痛、頸部痛、めまい、倦怠、記憶障害等の様々な症状を呈する「脳脊髄液減少症」と呼ばれる疾患が起こるのではないかとされています。

ブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)

脳脊髄液が漏れだしている部分に自分の血液を注入し、髄液の漏れを止める方法です。
「脳脊髄液減少症」に有効な治療法の一つとされており、平成28年4月1日から保険が適用されることとなりました。

実施医療機関につきましては「先進医療を実施している医療機関の一覧(外部サイトへリンク)」(厚生労働省ホームページ)でご確認ください。

お問合せ

青森市保健所 保健予防課
電話番号:017-765-5282

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 保健予防課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-765-5282

ファックス番号:017-765-5202

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?