グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 感染症 > 各種感染症 > 中東呼吸器症候群(MERS)

ここから本文です。

更新日:2015年6月4日

中東呼吸器症候群(MERS)

中東呼吸器症候群(MERS)は、2012年に初めて確認されたウイルス性の感染症です。発熱や咳、息切れなどの症状を引き起こします。

市民の皆さんへ

  • アラビア半島またはその周辺諸国に渡航または居住していたかたで、帰国後14日以内に38℃以上の発熱及び咳を伴う症状がみられた場合、最寄の医療機関に事前に連絡を入れた上で、マスク(サージカルマスク等)を着用して受診してください。受診時には、必ず渡航先を医療機関に伝えてください。または、市保健所へご相談ください。
  • アラビア半島またはその周辺諸国であるか否かを問わず、中東呼吸器症候群(MERS)が疑われる患者との同居や介護などをしていたかたも同様です。

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 保健予防課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-765-5282

ファックス番号:017-765-5202

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?