グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 議会 > 市議会の概要 > 概要

青森市議会

  • トップ
  • 市議会の概要
  • 市民と市議会
  • 議会の開催状況
  • 過去の議会状況
  • 広報・広聴
  • 政務活動費
  • 行政視察のご案内

ここから本文です。

更新日:2017年7月13日

概要

市民の声を市政に反映する市議会

私たちが生活している青森市の発展と市民の豊かな暮らしの実現のためには、市民の皆様がまちづくりの問題について話し合いを進めていくことが住民自治(民主主義)のたてまえですが、すべての市民・有権者が一堂に会し、話し合うことは不可能なことです。

そこで、市民にかわって大切な仕事をしてもらう代表者を市民が選挙によって直接選びます。これが市議会議員と市長です。

市政の議決機関である市議会は、市民の要望や意見を市政に反映させるため、市民によって選ばれた35人の議員で構成されており、条例(制定・改廃)、予算・決算、財産の取得や処分、大きな請負契約などの議案を審議し、議決するところです。

市議会は、年4回開催される定例会と必要に応じて開かれる臨時会からなっています。

また、本会議から付託された議案などの審議や調査のために、総務企画、文教経済、都市建設、民生環境の4つの常任委員会と市議会の円滑な運営を図るための議会運営委員会が設置されています。

市議会(議決機関)の権限

議決権

市議会(議決機関)の権限のうち最も基本的かつ本質的な権限で、市長や議員から提出された議案(条例の制定・改廃、予算、決算など)について審議し、可決するか、否決するか等を決定します。

選挙権

議長、副議長、選挙管理委員などの選挙を行います。

検査権及び
監査
請求権

市(執行機関)の事務等を監視する方法の1つで、市の事務が市議会が決めたとおり行われているか検査したり、監査委員に監査を求めることができます。

調査権

市議会は市の事務に関する調査を行うことができます。

同意権

市長が副市長や教育委員会委員を任命するときなどに、議会の同意が要件として定められている場合があります。

請願
受理権

市議会は市民の代表として、市民の要望や意見を市の事務に反映させるため、市民から提出された請願や陳情を受け付け、審議します。

意見
表明権及び
意見書提出権

市議会は、市の事務に属さないことでも、それが市に密接な関係があるものについては意見の表明や、国・県などに対して意見書を提出することができます。

自律権

市議会は、自主性や独立性を確保するため、市議会のことについては、みずから規律することができます。


市民と市議会(議決機関)と市長(執行機関)のイメージ

議会事務局

市議会の仕事を円滑に進めるため事務局が置かれています。本会議・委員会の運営や議員活動に必要な調査、議会の活動を市民の皆さんにお知らせする「あおもり市議会だより」の発行、ホームページの更新、本会議の「会議録」作成など、議会に関するさまざまな事務を処理しています。

市議会のことについて、おたずねしたいこと、ご意見等がありましたら、議会事務局までご連絡ください。

青森市議会事務局
TEL017-734-5743
FAX017-734-5824

ページの先頭へ戻る

市議会のしくみ

議員

議員は、4年ごとに市民の選挙によって選ばれます。
青森市の議員定数は条例により35人としています。

議長と副議長

議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。
議長は議会を代表し、地方自治法や会議規則などに基づき、本会議の議事を整理し、議場の秩序を保ち、また議会の事務を処理するなどの権限が与えられています。
副議長は、議長の仕事を助けたり、議長が欠けたときや、出張、病気などで不在のとき、議長の代わりを務めます。

会派

会派は、市政についての考え方や意見など、同じ考えを持つ議員が集まってつくるグループ(青森市議会の場合は、3人以上で構成)です。

本会議

本会議は、議案などを審議し、議会の最終的な意思決定をする最も重要な会議です。ここでは、市長が提出した議案について説明があり、これに対して議員は、疑問な点を聞き(質疑)、意見を述べ(討論)、賛成・反対を明らかにします(採決)。このほか、定例会の場合、議員が市政全般について質問(一般質問)をするのもこの会議です。
本会議は、簡単な手続きで傍聴することができます。また、ケーブルテレビで生中継を、インターネットで生中継及び録画映像の配信をしています。

委員会

議案などは、最終的には本会議で決められますが、本会議で詳しく審査することは困難です。そのため、議案等を専門的、効率的に審査、調査するため、委員会を設けています。
委員会には、常に設置されている常任委員会と必要に応じて設置される特別委員会があり、現在は、総務企画、文教経済、都市建設、民生環境の4つの常任委員会と必要なときに特別に設けられる特別委員会が設置されています。
さらに、定例会の会期中に予算・決算の議案を審査する予算特別委員会、決算特別委員会が設置されます。
また、議会の運営が円滑に行われるように、議事の順序や進め方などを協議する議会運営委員会が設置されています。

 常任委員会

定数

各常任委員会の定数は、総務企画が9人、文教経済が9人、都市建設が8人、民生環境が9人となっています。

任期

任期は2年となっていますので、議員の任期(4年)の中間で改組があります。

委員会の開催

議会の会期中に議案等の審査がある場合、また、閉会中の継続審査案件がある場合は、委員会を開催しています。報告事項や協議事項のみの場合は、委員協議会として開催しています。

議案等の付託

議案(予算・決算、人事案を除く)、請願・陳情等は、所管の委員会に付託します。委員会に付託された議案等については、本会議において各委員長が審査結果を報告します。

各常任委員会の所管事項

委員会名

定数

所管事項

総務企画常任委員会 9人 市民政策部、総務部、財務部、消防、選挙管理委員会、監査委員、出納及び浪岡事務所(他の常任委員会の所管に属することを除く。)に関すること及び他の常任委員会の所管に属しないこと。
文教経済常任委員会 9人 市民生活部、経済部、農林水産部、教育委員会及び農業委員会に関すること。
都市建設常任委員会 8人 都市整備部、企業局水道部及び企業局交通部に関すること。
民生環境常任委員会 9人 環境部、福祉部、保健部及び病院に関すること。

 議会運営委員会

定数

委員の定数は11人(現員10人)で、各会派(所属議員3人以上のグループ)から所属議員3人につき1人選出し、議長が指名します。

任期

任期は2年となっています。

調査及び
審査事項

  1. 議会の運営に関する事項
    • 会期及び日程に関すること
    • 議案、請願、陳情等の取り扱いに関すること
    • 発言(質問、質疑及び討論等)の取り扱いに関すること
    • 委員会付託に関すること
    • 議会において行う選挙、選任及び推薦に関すること
    • 特別委員会の設置等に関すること
    • 議場の秩序維持に関すること
    • 懲罰事犯の取り扱いに関すること
    • その他議会の運営に関すること
  2. 議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項
  3. 議長の諮問に関する事項
    • 議員派遣に関すること
    • その他議長が必要があると認めたこと

予算特別委員会

定数

予算の議案があるときに設置され、議会運営委員会申し合わせにより、第1回・第2回・第4回定例会においては25人、第3回定例会においては20人の委員をもって構成されます。

委員会の開催

本会議から付託された予算の議案について、定例会会期中に委員会を開催し、付託された議案を審査します。(通常、第1回定例会は3日間、第2回・第3回・第4回定例会は2日間の開催となっています。)

議案の付託

委員会に付託された議案については、本会議において委員長が審査結果を報告します。

決算特別委員会

定数

決算の議案があるときに設置され、議会運営委員会申し合わせにより、20人の委員をもって構成されます。

委員会の開催

本会議から付託された決算の議案について、定例会会期中に委員会を開催し、付託された議案を審査します。(通常、第3回定例会中、2日間の開催となっています。)

議案の付託

委員会に付託された議案については、本会議において委員長が審査結果を報告します。

 特別委員会(予算特別委員会、決算特別委員会を除く)

定数

各特別委員会の定数は、雪対策が12人、まちづくり対策が11人、議会広報広聴が12人となっています。

委員会の
開催

報告事項が発生した場合など、必要に応じ、開催しています。

議案の
付託

委員会に付託された議案等については、本会議において委員長が審査結果を報告します。
なお、閉会中も審査(陳情)活動ができるよう、毎会期、閉会中の継続審査に付する旨の議決を行っています。

各特別委員会(予算特別委員会、決算特別委員会を除く)の所管事項

委員会名 定数 所管事項
雪対策特別委員会 12人 除排雪に関すること。
雪処理施設に関すること。
空き家及び落雪対策に関すること。
福祉除雪に関すること。
まちづくり対策特別委員会
11人 中心市街地活性化に関すること。
石江地区整備に関すること。
セントラルパーク整備に関すること。
浪岡駅周辺地区活性化に関すること。
商店街活性化に関すること。
アウガ経営に関すること。
雇用対策に関すること。
企業誘致に関すること。
文化観光振興に関すること。
議会広報広聴特別委員会 12人 議会だよりに関すること。
議会放映及びホームページに関すること。
議会図書室の管理運営に関すること。
議会報告会に関すること。

地方自治法第100条の規定による特別委員会の調査事項

委員会名 定数 調査事項
アウガ問題調査特別委員会 10人 アウガ問題に関する調査特別委員会で疑義の残った事項
アウガが経営破綻に陥るに至るまでの行政関係等の関与の状況調査

特別委員会委員名簿

問合せ

所属課室:議会事務局議事調査課

青森市中央一丁目22-5

電話番号:017-734-5743

ファックス番号:017-734-5824

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?