グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > くらしのガイド > 上下水道 > 合併処理浄化槽設置整備事業補助金交付制度

ここから本文です。

更新日:2017年10月27日

合併処理浄化槽設置整備事業補助金交付制度

合併処理浄化槽設置整備事業補助金交付制度

環境部下水道総務課
電話:017-718-1191
浪岡事務所上下水道課
電話:0172-62-1159

合併処理浄化槽は、家庭から出されるし尿や台所、風呂からの生活排水を一緒に処理する施設で、下水道並の処理ができ、川や海の汚染を防止します。
市では、下水道が整備されていない地域においても快適な生活ができるよう合併処理浄化槽の普及に努めており、一定の条件の下、合併処理浄化槽設置費用の一部を補助しています(様式はページ下の添付ファイルをご覧ください)。
ただし、工事着工の10日程度前までに申請が必要ですのでご注意ください。

対象区域

公共下水道認可区域、農業集落排水事業整備区域以外の区域

対象者

上記補助対象区域の専用住宅(※新築を除く)において、既設単独処理浄化槽または既設くみ取りトイレから処理対象人員10人以下の合併処理浄化槽へ転換設置するかた。※平成26年度青森市汚水処理施設整備構想の見直しにより整備方針が変更となった指定区域は建て替えによる新築を含む。
専用住宅:主に住居の用に供する建物または延べ床面積の2分の1以上を居住の用に供する建物。

ただし、次のいずれかに該当する場合は補助対象となりません。

  • (1)浄化槽法第5条第1項に基づく設置の届出に係る審査または建築基準法第6条第1項の規定による確認を受けず合併処理浄化槽を転換設置するかた
  • (2)申請者と合併処理浄化槽が転換設置される土地または家屋の所有者が異なる場合でその土地または家屋の所有者の承諾が得られないかた
  • (3)販売の目的で、合併処理浄化槽の転換設置を行うかた
  • (4)市町村税を滞納しているかた

補助金額

合併処理浄化槽の転換設置に要する費用のうち、次の表に定める額を上限として予算の範囲内で交付します。ただし、その転換設置に要する費用に相当する額が同表に定める額に満たないときは、その額を限度とします。

人槽区分 5人槽 6~7人槽 8~10人槽
限度額 352,000円 441,000円 588,000円
※420,000円 ※525,000円 ※700,000円

※指定区域における限度額

人槽区分は、日本工業規格「建築物の用途別による屎尿浄化槽の処理対象人員算定基準(JISA3302-2000)」によるものとし、明らかに実情に添わないと考えられる場合は、同基準の2に定めるただし書きに基づき、算定人員を増減することができる。(ページ下の添付ファイルをご覧ください。)

合併処理浄化槽設置整備事業補助金申請の流れ

ページ下の添付ファイルをご覧ください。

循環型社会形成推進地域計画(浄化槽設置整備事業分)の事後評価

循環型社会形成推進地域計画とは

「循環型社会形成推進交付金」は、市町村が廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を総合的に推進するため、広域的かつ総合的に廃棄物処理施設等の整備を計画するよう平成17年度より創設された国の交付金制度です。

事後評価

事業期間は平成23年度となっており、計画が終了したことに伴い、目標達成状況等の事後評価を行いましたので、結果を公表します。

(ページ下の添付ファイルをご覧ください。)

浄化槽の維持管理

浄化槽は、微生物の働きを利用して汚水を処理する装置ですから、微生物が活躍しやすい環境を保つように維持管理を行うことが大切です。浄化槽の維持管理には、保守点検、清掃、法定検査があります。

保守点検とは?

機械の点検・補修や消毒剤の補給などを行います。浄化槽の保守点検業者の登録制度が実施されていますので、登録業者に委託してください。保守点検を行う国家資格者として浄化槽管理士がいます。
登録業者については下記にお問合せください。
〔お問合せ先〕
廃棄物対策課
電話:017-718-1086

清掃とは?

浄化槽内に溜まった汚泥などを抜き取ります。これは市町村長の許可を受けた浄化槽清掃業者が行うことになっていますので、許可業者に依頼してください。
〔お問合せ先〕
旧青森市の区域廃棄物対策課
電話:017-718-1086
旧浪岡町の区域浪岡事務所市民課
電話:0172-62-1140

法定検査とは?

浄化槽が正しく設置されているか、維持管理が適正に行われているか、また放流水がきれいな水であるかを検査します。
浄化槽の使用開始後3か月を経過した月から5か月以内に1回、その後は1年に1回、都道府県知事が指定した検査機関の実施する法定検査を受けなければならないことが、浄化槽法で義務づけられています。法定検査については下記にお問合せください。
〔お問合せ先〕
社団法人青森県浄化槽検査センター
電話:017-726-9500

日頃の管理

使用する際は次の点にご注意ください。

  • トイレの洗浄水は十分に流す。トイレットペーパー以外の異物は流さない。
  • 便器の掃除には、浄化槽に対応しているタイプの洗剤を選び、必ず適量の使用を守る。
  • 浄化槽の電源を切らない。通気口をふさがない。マンホール上に物を置かないで、ふたはいつも閉めておく。
  • 消毒剤は切らさず、常に消毒されている状態にしておく。
  • 台所からの野菜くずや天ぷら油などは、流さないようにする。

浄化槽に何か問題のあったときにはすぐに連絡をとれるように、浄化槽保守点検業者、浄化槽清掃業者または施工業者の電話番号を控えておきましょう。
届出様式等については、ページ下の添付ファイルをご参照ください。

なお、浄化槽を設置するためには設置の届出が必要となります。詳しくは下記のお問合せ先までご連絡ください。

浄化槽設置に関するお問合せ先
廃棄物対策課
電話:017-718-1086

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市環境部下水道総務課

青森市新町一丁目3-7

電話番号:017-718-1190

ファックス番号:017-718-1193

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?