グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 子ども・教育 > 教育事業 > 学校給食 > 学校給食用食材の放射性物質検査結果のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2020年2月21日

学校給食用食材の放射性物質検査結果のお知らせ

青森市教育委員会では、学校給食のより一層の安全・安心を確保するため、学校給食に使用する食材の放射性物質検査を実施しています。

2月21日(金曜日)~2月28日(金曜日)に副食(おかず)に使用する食材4品目(人参、大根、冷凍いわしハンバーグ、冷凍アンサンブルエッグ(かぼちゃ))を測定した結果、放射性物質は検出されませんでした。詳しくは、「検査結果」をご覧ください。

検査開始

平成24年8月23日(木曜日)から

検査対象食材

小・中学校の副食(おかず)に使用する食材(一般食品)のうち、産地や使用量および頻度等を勘案して、検査の必要性の高い品目を選定し、1週当たり数検体を測定

検査場所

中学校給食センター

検査方法

  • (1)検査機器NaI(TI)シンチレーションスペクトロメータ(ATOMTEX社製AT1320A)1台
  • (2)検査方法「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に準じた簡易検査
  • (3)検査核種放射性セシウム134、137
  • (4)測定下限値一定の測定条件において検査機器が検出できる最小の値(測定条件及び食材により異なります。)のこと。
    本検査では放射性セシウム134、137の合計値が25ベクレル/kg以下の測定が可能になるように測定条件を設定。

検査後の対応

検査結果は、市ホームページ及び携帯サイト「青森市mini」で速やかに公表します。

検査の結果、放射性セシウム134、137の合計値が食品基準値の2分の1(50ベクレル/kg)以上の値で検出された場合は、食品基準値を超えている可能性があることから検査機関による再検査を行い、その食材は学校給食に使用しません。
また、再検査の結果、食品基準値を超えている場合は、その食材は学校給食に使用しません。

検査結果

No.

測定日

市町村名
検査対象調理場等

検査品目

生産地

検査結果(ベクレル/kg)

セシウム134

測定下限値

セシウム137

測定下限値

9

2月20日

 

 

青森市

 

小学校給食センター

 

人参

東北町

検出されず

<6.83

検出されず

<7.62

10

2月20日

 

 

青森市

 

単独校

 

大根

神奈川県

 

検出されず

 

 

<6.23

 

検出されず

<6.94

11 2月20日

 

 

青森市 

 

 中学校給食センター

 

冷凍いわしハンバーグ 新潟県

検出されず

 

<5.81

 

検出されず

<6.46

12 2月20日

 

青森市

 浪岡学校給食センター 

 

冷凍アンサンブルエッグ(かぼちゃ) 北海道

 

検出されず

 

<6.00

検出されず

<6.68

過去の検査結果については、添付ファイルをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市教育委員会事務局学校給食課

青森市新町一丁目3-7  

電話番号:017-718-1626

ファックス番号:017-718-1372

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?